07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(78)  竹中 労という男 

 

人生とは「文体」

革命論と芸能評論の世界に、竹中 労という男がいる



こんな文章を書く



――音楽は、うたは階級意識よりもすぐれて革命(反革命)であり、窮民を真に革命のエントウシアスモス(憑霊)へと、脱自の叛乱へと導くことを、あるいはその“暴民”へのエネルギーを、諦観と感傷に拡散していってしまうことを、一九五二年夏ま昼、ひばりとの出会いでおいら感得した――(『竹中労行動論集 無頼と荊冠』から。73年、三笠書房)



07715日付の朝日紙文化面に、「竹中 労は終わらない」のテーマで上記の文章とともに竹中の仕事ぶりに関する記事(西岡一正)が出ている 



昨今は、このての文章(竹中の)にはまったく出会わない 



生硬といえばこれ以上の生硬はなく、文字表現へのこだわりがもたらす脱俗といえばこれ以上の脱俗はない、魂だけがギラついている、刃物のような文体 である 読者を選ぶことおびただしい つまり、まあ売れない



竹中については小生、予備知識はあったがそれは昔の話 芸能界には何の関心もなかったからヒバリへの意見についても、この記事に接するまでは竹中の問題意識とはすれ違っていた 



各界の著名人を俎上に乗せた『エライ人を斬る』に示される叛骨ぶりについては当時、ただ「キャンキャン吠える小うるさい奴がいる」といった程度の印象で、「ケンカ屋」の悪評もついてまわっていたというが、いまあらためて思う 



問題意識はこの竹中、小生とほとんど変わらない



 



小生を「右」と思っている者が多い ピンボケである 小生は孟子の徒 孟子はアナーキスト 今もなお革命者たちに担がれる   



『エライ人を斬る』にみられる反権力、しがない無名の存在への共感、そこに竹中は物書きとしての自身を重ねたのだと朝日の西岡記者は書く ペンをとる身として共感を覚える筆遣いである 記憶にとどめたく、メモを兼ねてここへ書き誌す 



この竹中、警察署襲撃で逮捕され二カ月の黙秘 釈放の日のパチンコ屋の前 /そこへ、うたが聞こえてきたのだ。うたは心に落ちてきた、私は急に切なくなった、涙がこぼれてとまらなくなった。♪リンゴの花びらが風に、散ったよな……/これに竹中まいった 泣いてしまった とめはせぬ 泣くんなら泣いちまえ ガキのころのように おれもつきあってやる ケンカ屋の感傷 (『完本美空ひばり』) 



スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (79) 「舞いの武道」  |  行動文化(77) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/96-e8e542f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。