04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(74) 天、地、人 

 

垂直思考と情緒的納得  

 「安心立命」という言葉がある 立命館大学の「立命」 意味は天命に対する最終的な納得、つまりおのれの天分への「情緒的納得」 数学の「正解」もこれ 人の行動は、情緒的不満に始まり、情緒的な納得と満足を得て終息する



アメリカの科学思想家バックミンスター・フラーは、「宇宙の諸力は最終的な安定に向かって働いている」と断じ、その最終的な安定を「三角形」とした 



ニューヨークの街角で乗用車を、静止状態のままでの歩道側への幅寄せや、真後ろへ180度の方向転換をしてみせて警官に眼をこすらせたフラーである  



このフラーの運動論を人の行動論に置き換えれば、我々の行動とはすべて「情緒的納得と満足」という最終的な安定に向かっているのだといえる この最終的な納得を古人は、「安神()立命」と名付けた



 「安心」はともかく、立命の「立」とは、天、地、人を一貫する垂直思考の文字である 水平思考には、「横死」はあるが「立命」はない 人は天と地との間に両足を踏ん張ってスックと立つからこそ人 諸兄姉、この「人」という字を見たまえ 我々が足を踏ん張って立っている姿(象形) だ 科学とは水平思考の作業 「立命」には届かない



 



 「安心立命」は、水平思考ではムリ



ところが、これに横町の隠居が「待った」をかける 



「そうではない 人は一人では生きられん 支え合ってこそ生きていられるのじゃ 「人」とはな、一人では生きられん者が支え合うておる姿じゃ」



世太郎や八五郎なら感心して聴いてるだろうが、この式の説教にはいま、小学生でも異議を唱える 「じいちゃんよう なにもムリして立ってなくったって、しゃがんでりゃいいじゃん」 これだから横町の心学の隠居もやりづらい むろん、しゃがんでたっていい ついでにいっそ、寝そべっちゃどうだい ラクチンでいいぜ 



だが寝そべっていては、空は見えるが「天」は見えない うつ伏せていては土や石ころは見えるが「大地」は見えない つまり天文学者や地質学者にはなれるだろうが、それは科学者の水平思考 天体望遠鏡や電子顕微鏡では、「天」も「地」も視野には入ってこない 動物の一種としての「ヒト」は見えるだろうが「人」は見えない 「人」を見るには科学の水平思考では無理 安心立命には、分析主義や進歩主義の眼鏡を、天・地・人の縦軸が視野に入る垂直思考の眼鏡に取り換える必要があるが、戦後民主主義で地ならしされ、アナログ思考はデジタル思考に駆逐されて、「垂直思考」は今はやらない 人は孤児 ▲▲
スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化(75) 道  |  行動文化 (73)  活人剣「無事故武道」(9) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/92-8d737bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。