09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (70)  活人剣 無事故武道 (6)  

(前号につづく)  昔、「那智八十我は九十と恋しけむせめて証しの歌ひとつなれ」などとつまらぬ腰折れを作って、独り悦に入っていたこともあります。言葉はまるで足りませんが、それは野中さんの、「たどりきて太刀をおきたる花野かな」に相当する、僕なりのわが命の原郷への思いでした。
そういう花野からしか何も見えませんですね。花野から見え隠れする世界の眺
望は、しかしまた深い哀しみの遠近を湛えて、たとえば漱石の芸術論の限界と言われるものもそうだと思いますが、僕は滝沢哲学の結構についても色々の思いを喚起させられました。「人生論の場合、客観論を言って見ても始まらない。他人事ではなく、自分自身の問題だからだ。」といわれているところでは、そう、滝沢克己はその自分自身の問題ということに拘り、それを客観的な表現にどうかして成さんと悪戦苦闘したが、そこには方法的無理があると感じさせられもするわけです――(以下省略)   

たどりきて 太刀を置きたる花野かな
以上、文中の、「――花野から見え隠れする世界の眺望は、しかしまた深い哀
しみの遠近を湛えて――云々 請う、村上兄よ 愁人に愁を説きたまうな 身
の置きどころがないではないか 
不肖ながら野中もいま、過去をかえりみて同質の「哀しみ」に胸がふさがる ――祖父母や親を放置して夢ばかりを追った半生、師恩にも酬いず、先輩方の恩義、友人知己の友情への不義理―― 幼い者たち、馬、牛、ニワトリ、山羊、ネコ――無辜を十分に慈しんでやらなかったという思いがいま、数十年の時をへだてて、深い哀しみとなっておのれを責める 
小生は武芸の徒、刀は常に腰間に帯びている 手の内を鍛えるために青竹を試し斬りにする しかし竹を斬りながら、「おれはいったい何をやっているんだ?」と思うことがある ――レンゲ草やタンポポ、スミレの花野に試し切りの刀を置いて、過去を振り返り、おのれの手を眺める 罪深いおのれの、この両手――誓うべき時が来たようだ この手、この剣、決して人を斬る技を鍛えることには使わない 

武道とは ひとに斬られずひと斬らず 弱きを護るもののふの道  日文 

文を離れない武 武を離れない文 野中日文の剣は、無事故武道の「活人剣」
として少年たちに伝えておきたい 神武不殺 国を治むるになんぞ「殺」を用いん 斬られず、斬らず、共存の剣こそ学校武道 ▲▲ 
スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (71)  活人剣「無事故武道」(7)  |  行動文化 (69)  活人剣 「無事故武道」(5) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/88-725d1aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。