03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (65)  活人剣 「無事故武道」 (1) 

 「文武両道」の誤用

「文武両道」の使われ方について、法政大学教授 川成 洋氏の直言がある 


図書新聞(200123)に、小著『武道―日本人の行動学』の書評の形で発表されたものだが、孤立無援と思っていた小生の仕事に対しては、決して無関心や批判意見だけではなく、このような同憂の士もあることを知って、意を強くした 以下に紹介して謝意に代えたい


 


ほんの数年前のこと。夏の甲子園野球大会で優勝した高校の校長は、わが校は「文武両道」を教育の根幹にしており、事実、東大には百人以上の生徒を合格させている、と豪語した。本当かね、これ、と思ったのは、おそらく私ひとりではあるまい。後でわかったのだが、たしかにこの高校では、野球以外にもサッカーも全国制覇し、東大も百人以上合格させているが、スポーツをする生徒と受験勉強に専念する生徒を峻別して教育しているのだ。なんのことはない、「脳ミソまで筋肉化した生徒」と「青白い頭デッカチのもやし生徒」に二極分化した高校にすぎないのだ。それを天下のNHKテレビで「文武両道」と宣う、こういうペテン師のごとき厚顔無恥の学校屋がいるかぎり、日本の教育は絶対によくならない。――中略――こうした悪しき「体育会」的伝統が果てしなく続き、知性なき競技者(※アスリート 筆者注) を量産しているが、「武道」もしっかりこの中にしっかりと組み込まれている。ことほどさように、現在の日本の教育界の中には、残念ながら、真の意味での「武道」は存在していないのである。


こうした嘆かわしい現実を踏まえて、「学校武道」として「武道再評価」を提言している本書は、「武道のスポーツ化」から「武道の武術化」へと大きく方向転換すべきだと述べている。「武道」とは本来、試合競技のためのものではなく、利害対立する世界で、自滅を避け、護るべき者を護る智慧と、動き方の原理、および行動力をいうのである――中略――実技として、まず「間積り」、「見切り」さらに「居着き」「位どり」へと続く――礼により始まり礼により終わる、状況判断を自分で決定する、結果責任を自分で負うといった自立した行動を基本的な行動原理とする「学校武道」を、混迷と彷徨を続ける学校教育の中に、しっかりと位置づけねばならない、と本書は主張している。この主張が、現在、学校関係者や「武道」関係者の心にどの程度銘記されるのだろうか、と危惧を表明せざるを得ないのも、「武道」を続けている私の率直な印象でもある。


以上、同憂の士川成教授の存在は心強いが、小生、坐視はできない 気負った言い方になるがこれは小生にとっては「死に花」を咲かせる仕事なのだ▲▲

スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (66)  活人剣「無事故」武道 (2)  |  行動文化 (64) スポーツ武道は「伝統文化」ではない   »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/83-12366561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。