06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (60)  老いる、とは 

 青春とはそんなに明るく楽しいものではない 若い絵描きには暗い絵が多い

どうしてそうなのか? 純粋だからである  


世俗慣れしていないから傷つきやすい つまりツラの皮が、薄い 


これが年とともにだんだん厚くなってゆく つまり「厚顔無恥」になる そして厚いだけではなく、鍛えが入り、居直りを覚える たいていの事では動じない これがつまり「鉄面皮」 それが信念なのか自己都合なのかはともあれ、原発で国を滅ぼしかけているのはこんな連中


 だが片方には、こんな経過をたどらない者もいる こっちの方はトシ取るにつれて、だんだんと慎み深く、あんまり人前にしゃしゃり出なくなる つまりおとなしくなってゆく 


ふつう人生とは、そうすいすいと行くものではない そのたびごとに、おのれの無力を思い知らされる おとなしくもなるだろうが、「無力を思い知る」とは、おのれの身勝手さや、いかがわしさ、汚らしさが、だんだんと見えてくるということ 長生きとは生き恥をさらすということ 若い連中の負担になっていることが気になりはじめるということ


 


小生に、伊藤計良という莫逆の友がいた 信州は伊那の産 「真愚」を名乗る漢方医 鎌倉円覚寺居士林以来の剣と禅の友  


「育ちがいい」とは、あんな男をいうのだろう 人を疑うという事を知らぬ善意の男 いつも借金を背負っていた みんな他人のための借金だった 


もういない ――あの野郎、おれより先に死にやがって――いい奴ほどはやく死ぬ ちくしょうめ!


この伊藤真愚 記者が第一作の「生きる極意」を書いた時に、イヤミのようにこれも第一作「さて、死ぬか」を世に出した この伊藤が京大で「庵住期構想」という旗を立てていた ライフワークを終わったら家族と別れ、家を出て、山に小屋を建てて独居して世を終わるというもの だんだんと食を細めていって最終的には絶食という、「死に方」まで考えていた 人生を美術作品に


知人の父親にこれを地で行ったもと軍人がいる 伊藤の場合この夢は実現しなかった 伊藤よ おぬしの夢、おれが受け継いでやろう 


伊藤計良、最期は身内に囲まれて、気に入っていた「スバル」を歌いながら息をひきとった 立派なものだ 記者あまりこの歌は好きではない 歌詞は悪くないがこれを歌っているタニムラとかいう歌い手の発声が気に入らぬ が、伊藤が去り際に歌った歌だから、おれも粗末にはあつかわぬ 大事にしている  

伊藤よ おれもやがてそっちへ行く 待っておれ  
スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (61) 道場破り  |   行動文化 (59)  一期一会の出会いこそ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/74-7df52176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。