03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (56)  口のきき方 

 「親切」と「おせっかい」との差

 小欄での『バカの壁』批判に対して、「ほどほどにしておけ」という声がある


ご親切はありがたいが、従うわけにはいかない 


 口のきき方をふくめて、「作法」とは立場を弁えた上での、時宜に適ったふるまいをいう 礼の古典『礼記』はこれを「弁異」(異ヲワカツ) 表現している 


作法はキマリではない キマリは特定の場所の特定の人間がつくったものだが、「礼」はその時代の人間たちの感情の動きにピントを合わせた、自発意思による言動であって、そこには個人の識見とセンスが関与する 


 ほどほどにしておけ? 


これはおれの問題なんだよ おぬしには関わりのないこと ほっといてくれないか ケガをするぜ 木枯らし紋次郎兄貴なら、「あっしにゃあかかわりのねえ事でござんす」と身を退くだろう場面だ 


流通を妨害された上に、根拠を明らかにした上での学術上の正当な反論も「小股すくい」とか「揚げ足取り」といわれ、加えて小論でも「ほどほどにしておけ」と発言を封じられる こっちの身にもなってみてくれないか 他人の苦労なら百年でも辛抱ができるという図だ


他人は他人 自分は自分 たとえ屁ひとつだって貸し借りはできぬ 所詮、人は他人の身にはなれない できるのは「察する」ことだけだ 他人の気持ちを察する努力もせずに思ったことをそのまま言う それをお節介というのだ 


 


 精神病患者は「個性的な芸術家」か?


 精神病院に行けばまったくもって個性的な面々揃いです(P・51) 大便で病室の壁に絵を描く患者を天才的な芸術家と揶揄し、迷惑でたまらないという これが医療にたずさわる人間の言葉かとわが目を疑う 


 古来、医師は教師と並んで聖職者とされ、その技は「仁術」と言われてきた 


患者にとってドクターとは、今も神仏にも近い存在なのだ 重篤な病人をドクターに託するときの近親者たちの必死な目を見るがいい 仁医なら持てる力のすべてを尽くそうと思う その様子をみて我々は掌を合わせるのだ 基礎医学と臨床医療の違いはあっても著者は臨床医を世に送り出す教師のはず 現代の医療界を蝕んでいる「仁の欠落」 患者の身内の人々のかなしみは、著者の視野には入っていない どうなのだろう 五百万の読者 この『バカの壁』を絶賛紹介した各紙は、著者のこんな言葉に出会っても著者と一緒になってアハハと笑っているのか? やがては自分もドクターたちからこんな扱いを受ける日がくるのだ 昭和までの日本人は、こんな言葉を許さなかった ▲▲

スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (57)  存在証明  |  行動文化 (55)  オトナ、とは? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/70-574f6ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。