08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (53)  簡単で即効性のある「金銀紙」療法 

 「元気が一番」という、妙に説得力のあるフレーズがある 長生きが手柄ではないとはいえ病苦は生きがい以前の問題 石橋輝美氏(大津接骨院院長)の開発になる、簡便な「金銀紙」療法というものがある はる部位は手背の二か所 時間は一晩~3日ほどをくり返して様子をみる 神経痛などの鎮痛にも即効性が特徴 金銀紙はタバコやチョコレートなどの包み紙で十分 8ミリ角を基本に 効果にはバラツキはあるが短期間での劇的な効果報告が目立つ 自分でできるごく簡単な方法だから、知友たちをはじめ親愛なる読者諸兄姉のために、場違いの観はあるが本稿での紹介を思い立った 詳細は東京マキノ出版の『金銀紙療法』でどうぞ 図解もある ここでは不眠、肩こり、便秘、咽喉部の機能障碍、肌膚の若返りをとりあげる 金銀紙を貼るだけ 痛くも痒くもない  

治癒機転については、生体の発生学的な視点からの代謝調整という以上の事は不明だが、患者にとっては安価で手軽で、安全で効果があれば、理論などどうでもよいのだ


不眠 場所は二か所 左手小指の第二関節 (指先から二つ目の観節)から5ミリほど手首寄りの手の手背側と、右手小指の同じ位置に、左小指に「金」紙、右小指に「銀」紙 金銀の色のある面を皮膚につけて、紙の絆創膏でとめる


肩こり 痛い側の手背の中指と薬指の間のミゾを、指の付け根から手首の方へたどり、中指と薬指の分かれ目を押してみると響くような痛みを感じる所がある そこへ「銀」紙を つぎにその隣の小指側のミゾの同じ位置に「金」紙をはる 両肩のこりには同じ要領で両手に 


 便秘 かならず左手だけ はる部位は、にぎり拳をつくって大きく盛り上がる中指根元の関節の頂上から手首方向へ降りる斜面の、やや人さし指寄りの位置を薬指側へ押してみると圧痛を覚える所があり、ひどい便秘ほど痛みが強い ここへ「銀」紙 つぎに中指の第2関節(指先から二つ目) から5ミリほど指先寄りに「金」紙 多くは翌朝には効果 頑固な便秘でもしばらく続けると解消


 のど 息苦しさ セキこみ 左右の手の、親指と人差し指の付け根の骨の間を手首寄り押してゆくと、二本の骨の分岐点に行き着く この位置からわずかに指先寄りに圧を加えながらもどると、親指の骨の内側の斜面()、人差し指の骨の内側の斜面()のそれぞれに、圧痛点がある その()に「銀」紙を、()に「金」紙をはるが、はるのは両手にではなく、押した時により強い圧痛のある方の手だけ 両手にはるのではない 


 肌膚の若返り はる位置は手背と薬指との二か所に金銀紙の一組を まず薬指の第1関節と第2関節との中央に金紙(4ミリ幅、16ミリ長)を横にはり、そこから手首へ寄った第2、第3関節の中央に同じ大きさの銀紙をはる これで薬指は終わり つぎに手の甲の小指と薬指の骨の間を手首方向へたどってミゾが終わる位置 ここへ8ミリ角の銀紙を 同じミゾを指先方向へたどって、握りこぶしを作った時に盛り上がる、小指と薬指の第3関節の間の、すこし手首寄りのミゾへ同じ大きさの金紙をはる 位置については図解も出ている 以上『はればすぐ効く金紙銀紙療法』(マキノ出版)より抜粋

スポンサーサイト

[edit]

«  行動文化 (54)  「水平思考」と「垂直思考」  |   行動文化 (52)小著『「バカの壁」に異議あり』が 流通を妨害されている理由(その7) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/67-274e5af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。