07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

 行動文化 (52)小著『「バカの壁」に異議あり』が 流通を妨害されている理由(その7) 

 小著『「バカの壁」に異議あり』が

流通を妨害されている理由 (その7)


「話せばわかるは大ウソ」とキメつける前に、まず言葉をえらべ

 人とサルとの違いは「言葉」が使えるかどうかだが、自分は言葉を使いこなせていないと思っている者は、まあ、たぶんどこにもいない もし居たとしたらそれは、ソクラテス級の聖者である 正直に言って小論の記者自身も言葉を使いこなせている自信はない こんな雑文一篇にも、句読点の打ち方をふくめてなかなか校正が終了しない なぜか? 理由は正確を期すること以上に、そこにさまざまな「事情」や「都合」がからんでくるからである そのへんの実情は国会での質疑応答を見ていると、身につまされる 「イエス」と「ノ―」さえ、いざとなると「さて、どう答えたものか」となり、ウソも方便、「記憶にございません」と逃げたり、「ただいま記憶が甦りました」の茶番劇が展開される いま危険水域に入っているが民主党の菅総理など正直さにかけては立派なものだ 正直だから損もしている 国民はよくも悪くも自分たちに似合った首長をもつことになる ――話がそれた もとへ 『バカの壁』の「話せばわかる、は大ウソ」は科学者らしくもない詰めの甘い放言 さもなくば舌足らず 関西人に江戸弁はダメ フランス人は英語にはそっぽ向く 嬰児なら「ベロベロバー」か「オツムテンテン」しかない 通じないのはどっちの責任か 


 


「言葉」を否定するのなら本など出すな


だが英語の解らない日本人女性に、ネイティヴアメリカンの英語が通じてしまった例がある 昭和初期、京の日本旅館に泊まった米人が、仲居にヒゲそり用の湯を頼んだところ「水」をもって来られて「オ―、ユ―フ―ル」(お前バカか!) と怒鳴った するとこの仲居、「あ、お湯どすか」とすぐ湯と取り換えたのでこの米人、「? ?」 話せばわかる、どころか話さなくったってわかってしまった、これがその実例 以心伝心でさえない「勘違い」でもこんなふうに通じてしまうことがある のっけからの「話せばわかる、は大ウソ」はキャッチコピーとしてもいかにもあざとい これは執筆者自身による「言葉」の否定、天に唾するものである 言葉を否定するのなら本など出すなという言い分は「針小棒大の揚げ足取り」か?『バカの壁』の著者ご自身が今回の流通妨害に関与しているとは思っていないが、書店側の「取り寄せなら可能です」という言葉と、発売と同時の版元への返本の山をどう解釈すべきか? 書店側の「自粛」だったとしても、「反証」を歓迎される科学者には言行不一致の不名誉 また言論の支え手である出版社にとっても反社会的な自殺行為ではないのか?

スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (53)  簡単で即効性のある「金銀紙」療法  |  行動文化 (51) 小著『「バカの壁」に異議あり』が流通を妨害されている理由(6) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/66-db5df349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。