09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(43) 閑話(2) 杜牧春愁図 ・ 

 閑話(2) 杜牧春愁図

春愁、という言葉がある 柳翠花紅の眺めが感傷を誘うことがある 春愁は女の子のものだと思い込んでる奴がいるが、そんなこたないぜ 人間トシとると別れもふえる 小生もいま、桜吹雪の中にたたずんで、ひとり春愁にうち沈んでおる ――いや、これはまじめな話なのだ (わざわざ断らにゃならんところが手間がかかる)  小生、晩唐の杜牧の作品の中でもとくにこの「清明」がすきでな 雨の中で牧童をつかまえて飲み屋の所在を訊いている杜牧を、おのれの姿に置きかえることがある 


 杜牧 字は牧之 京兆の人 才子傳に曰く 杜牧ハ性剛直 奇節アリ と また曰く、容姿美シク、歌舞ヲ好ム どうだ小生に似ていると思わないか なに? 思わない? つぎへ進む 風流ヲ愛シ、細行ヲ省ミズ (ますます嬉しいではないか) 往々事ニ触レテハ国家ノ大事ヲ論ジ、利害ヲ指摘スルコト甚ダ切実―― しかしながら、「頽蕩放縦ノ一面ヲ有シタ」ともある 小生が杜牧をわが兄貴と思っている理由がこれでわかったろ


 さて、この杜牧先輩、若かりしころ湖州に遊び、一人の美少女を発見 その


母親に多額の金を渡し、十年後この地に太守として帰ってきた時、この娘を妻


に迎えたい もし戻らぬ時はどこへでも嫁にやれと言い残して別れた その後


諸州の刺史を歴任しつつようやく湖州への帰還をはたしたが、いかんせん、す


でに十四年が過ぎており、かの娘は三年前に他へ嫁ぎ、三人の子を叱りとばす


肝っ玉母さんとなっていた 杜牧先輩、すっかり無常を観じた この世には神


も仏もないものか で、七言律を賦して慨嘆 曰く、


 自是尋春去較遅 不須憫悵怨芳時 狂風落尽深紅色 緑葉成蔭子満枝


 例によって拙訳を試みる


 ノチハニョウボトマタセテオイテ オトコミガクニチトテマドッタ


   モトノスガタヲノゾミハセヌガ ナムサン ゴニンノコモチトハ    


 小生の推測によれば、杜牧先輩が清明の雨の中をさまよったのはこのあとだ 酒でも飲まんことにはやるせないではないか すなわち杜牧先輩春愁の図


どれ、小生もタクアン漬けのしっぽか何かで一杯やるとするか ▲▲


 以上 タクアンのシッポが肴の茶碗酒の相手をさせてしまって悪かったが、本邦の唐詩フアンには杜牧のこの「清明」はよく知られる作品で、とくに末尾の「牧童遥かに指さす杏花の村」は文句なしに情感に響いてくるらしく、水墨の書画の画題としてよく使われる 書画といっても柳翠花紅は南画の世界だが、唐詩の世界は陶淵明の作品の例にも見られるように、すでに日本人の感性や美意識の中に深く浸透している 美意識の世界では日中は同胞 じゃあな また


 

スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化 (震災6)  人間にはまだ原子力は使いこなせない  |  行動文化 (震災5)  人知の及ばないもの? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/52-49f4d08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。