10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(37)  無想剣   

 てげてげ精神

 小生が生まれ育った日向の国では、ほどほどにしておく事を「てげにうっちょく」という 「てげ」とは「たいがい」 正確な発音は「てげ」は「チェゲ」  


「うっちょく」とは「棄っちょく」で「放置」 過剰介入をひかえて自然解決に任せた方が結果がよい事を知っている者の、経験に学んだ現実処理の知恵がこの「チェゲチェゲ」精神の本質なのだが、昨今この慣習が宮崎で槍玉に上がっている 


「てげてげ運転」はいかん 車の運転は正確着実に――交通警察の、しごくもっともな主張だが、ちょっと待ってもらいたい 「テゲ」の否定は、大脳知への過剰評価による失敗につながる 人体はもっと巧妙にできている


思考停止やよそ見は論外だが、意識的な我々の危険回避行動など知れたものである事は、生き物の免疫機能に明らかである 臨床医の仕事とは人体に備わる自然治癒機能の補助にすぎないことを、どうかお忘れなく 日向の「チェゲチェゲ」は決して悪徳ではない 過剰介入がもたらす弊害を見越した、老巧なオトナたちの経験則なのだ


 


「放置」という智慧 


以前、ゴタゴタがおきると「ほっとけ」がキメ台詞の家老の日常を描いたテレビドラマがあった 作者を記憶していないが、「放置」も賢者の知恵のひとつ


女賢しゅうして牛売りそこなう 角を矯めて牛を殺す愚は古来、女子供の……おっとっと、口も災いのもと 事故のもと 右足は自動的にブレーキペダルへ―― 失礼いたしました けっしてそんな事はございません、いま、牛を売りそこなっているのは男ども レディ方の方が現実的で賢い 


半世紀まえ、戦争に負けて男どもはすっかり自信をなくした 団塊の世代もふくめて平成の男どもは頼りない 国どころかレディ一人護れない


昨今の男どもは木枯らし紋次郎ではない 車内暴力にも「あっしには関わりのねえこと」と知らん顔をする レディ方に申し上げる 昨今の男たちにエスコートなど期待なさいますな とても無理 一見たのもしそうな警察の好漢たちが、賢明な古人の行動律であった「テゲテゲ」を悪徳ででもあるかのように非難する 「安全着実」はドライヴの鉄則だが、過剰緊張は意識野の死角をつくる テゲがいいのだ 「八方睨み」はこれ 武道では居着きのないバランス維持を「剣体」とも「自然体」とも呼ぶ ここから即妙の危険回避の動き「無想剣」が出る マジメは美徳だが、勝負は「不埒者」の方が強い 自然体とは「不埒」の構えである マジメ人間が無用に他人を追い詰めて、事をやぶる 


 

スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化(38)  「八百長」=悪か?  |  行動文化(36)小著『「バカの壁」に異議あり』が 流通を妨害されている理由 その4 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/41-c7429bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。