07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

新刊企画 「武士道と武道~日本人の条件」 (英訳出版の試み) 

英語版を先に出す理由
 英語文化圏むけの発行は方便 日本人に読ませるために、まず英文で出す
 平成の日本は敗戦時の日本文化解体で正体を無くしている 小生の武道論に、日本人は反応しない 日本の出版界の大半は「武道」を単なる競技スポーツか、普遍性のない特殊な世界と思いこんでいる この事が新刊企画の盲点になっていて、武道の「武」の文字があるだけで本は売れませんよ、などという 事実そのとおりだろう
 だが欧州を知る者は、彼等の日本文化、とくに「武道」や「武士道」の研究が本物であることを知っている 欧州の武道界に変貌する前の本物の武士道と日本武道の精髄を紹介すれば、彼等は必ず反応する
 欧州が動けば日本は小生の意見を見直す これは過日の上杉鷹山事件で実証済み 野中日文って誰だ? となる 
 むろん売名である 知られなければ仕事は始まらない マーケティングのプロなら「ん?」と思うはずだ 新分野だから
 小著『武道の礼儀作法』は、「礼に始まって礼に終わる」といわれている武道界に礼書が一冊も発行されていないというウソのような現実を知った事が発端だが、しかし日本の武道界も出版界も小著をいまだに無視し続けている 無視の理由はあとで知ったが、これが日本人なのだ

 欧州の日本武道研究の真剣さについて弓道の場合をとり上げれば、オイゲンへリゲルが『弓と禅』を発表して以来、彼等は日本人はみんな弓や禅を学んでいると思い込んでいて、日本人と見れば「弓」や「禅」についての専門的で高度な鋭い質問を浴びせてくる ところが弓の指導に欧州に渡った弓道連盟役員諸公が、これに答えられない 日本人の器量を下げるために海を渡っているようなものだが、いまや日本の柔道界では欧州に受講研修にでかけることは常識、 恥とは思っていない
 この春、日本の教育界は全国の中学校に「武道」を必修科目として採用する
有意義な企画のようにきこえる だが、関係者たちは「武道」にどんな教育効果を期待しているのか? 
 どうもそれがはっきりしない 「伝統文化」とか「武士道」とかいう言葉はさかんに出てくるが、ではそれが現在の日本の武道界にどんな形で存在するのか? 問いかけても返事は返ってこない 日本的といえばいかにも日本的だが、筆者は武道人の一人としてこの状況を見過ごせない。

以下英訳サンプル~

raison d'etre – Justification for existence
Why do we exist in this world?
As for me, I do not think there is any particular purpose or reason for me to be
here in this world. I was here before I myself knew it.
Whether we need any reason to exist in this world – that actually varies people
to people.
Japanese people was likely in the past and is likely now not to think about such a
thing, saying that “I do not care about why I exist here and I do not want to even
think about it now”. Some people convince themselves by explaining
“Japanese has the characteristics of not having any principle”. Ok, fine with me.
Is there any problem if we do not have any principle?
Not having any principle also means “Japanese people is immune to any
principle” if we look at it from the spirit of the samurai (Bushido) point of view. I
will explain about this in the latter chapter but, Japanese way of thinking really
means the way of thinking based on Shinto. Shinto does not have religious
principle. Even if we do not think about this and that, we are all equipped with
everything we need in our body and mind.
We do not exist for something. We can decide how we use our life by
ourselves. It is a matter of how we take spiritual position.
Decartes said at a time in the past that “cogito ergo sum – I think, therefore, I
am”. He shouldn’t have said that. We, Japanese, have known this for ages.
In the first place, why the hell we rely on the assumption that we have the
justification of our existence?
Do we really need “self”? Does the body or the consciousness actually mean
“self”?
If you are going to find the answer to that question, give it your best shot until
you reach the point where you suspect the existence of yourself. Once you
reach that point, suddenly you will realize that there exists no “self” anywhere.
This is the way of thinking based on “Zen”, but Zen was not originally created by
Japanese. Zen was brought over to China by Bodhidharma and eventually
crossed the ocean to Japan.
It is hot in India and people try to bring themselves into deep meditation under a
tree or in a cool place on a stone to create a variety of thoughts. I think
Descartes is also pretty argumentative, but he seems to be more childish like an
academically model student in a junior high school. That is why he after ages
brought a concept “I think, therefore, I am”, which is fuss and a source of
meaningless controversy. In Zen, this means “to create a disturbance without
wind”. I would take it serious if it would be one of pleasures using pinwheel to
kill time, but…


スポンサーサイト

[edit]

« 新刊企画 「武士道と武道~日本人の条件」 (英訳出版の試み) ~その二  |  行動文化(191) 柔道 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/220-dc030593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。