04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(191) 柔道 

筆者の世代は戦後の武道である。剣道が望みだったが、●HQの指示で剣道が数年遅れた。やむなく柔道。講道館で学んだ。当時、海軍柔道の、たしか高村という姓だったが、夢で開発したという「弐段引き体落とし」というのをみせてもらった。右でいうと、まず右足で大内へいき、相手の右足に体重がのったところを体落としへゆく。
もうひとつ、大沢という足技の名手がいた。崩しとつくりが完璧で、ほとんど45度ちかくまで崩されているところを払ってくる。投げられても気持ちがよかった。筆者の国には大外刈りの(お名前失念)人がいて、この人の刈り方がやはり大沢さんのように刈られても快適な入り方だった。
あの頃の小生は、いま考えるとずいぶん退嬰的な返し技専門で、小内返し、大内返し、足払い返し、すべてしかけてくるのを待ってのもの。恩師の永友(旧姓柄本)さんにはずいぶん叱られた。
柄本さんといえば醍醐・吉松時代の吉松をたしか内股返し(すかしではなかったと思う)で討ちとって神奈川県警の名をあげた人。もう一人、駒井さんという人が神奈川県警にいて、筆者は職場が同じだったからずいぶん世話になった。「春風にのったように歩くハマの三四郎」と新聞に書かれたことがある。
このハマの三四郎、くには新潟だがある日、なじみの道場の若い連中が息を切らしてとんできて、「すぐきてください、道場荒らしです」。駒井さん、退屈しのぎにいってみると、なるほど体力まかせの柔道だが若い連中齒が立たない。
着かえて相手をした。適当にあしらっていて腰を寄せてきたのをハネあげて、駒井さんはこれをブランコと呼んでいたが、腰元の角で一回転させて裏返しに畳へたたきつけた。派手な技である。相手は眼を回したか、すぐには起き上がれない。そこへ駒井さん茶目っけがある。つかみかかる恰好をしてみせると、玄関へとんでいって靴をつかむなり裸足のままで逃げた。逃げるのに靴を忘れなかっただけえらいともいえるが、なるほど人はこんな目に遭うと裸足で逃げるようだ。余談だが、柔道屋たちが京の料亭に集まったことがある。
座敷にいると仲居たちはみんな駒井さんのところへ集まる。理由? 駒井さんが美男だからである。ところが吉松さんはこれが気に入らん。呼びつけてもすぐ駒井さんのところへ集まる。面白いわけがない。のちに顔があうたびに、「駒井! きさまあ」と凄い眼つきでにらむ。「まんざら冗談とも思えないんだよなあ」とこぼしていた。※近刊案内 『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学  『垂直思考』思想家野中日文の筆業の総決算
『美術カレンダー(冊数限定)』剣者野中の筆のすさび
 ヘッドライト大阪(06・6609・9750)
スポンサーサイト

[edit]

« 新刊企画 「武士道と武道~日本人の条件」 (英訳出版の試み)  |  行動文化(190) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/219-450584ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。