09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(161) 東方朔 

漢朝では許負、鉗徒、東方朔といった相士たちが宮廷に出入りしているが、中でも東方朔がいまに語り継がれている。どんな人物か。
この先生、万巻の書を読みつくした大変な学者なんだが、しかし決して品行方正な人物ではない。どっちかといえば品行方正どころか不埒千万な自由人。その蘊蓄には尽きるところがなく話は面白いから、高祖はいつもそばに置いて話相手に使ったという。相手が東方朔ならさもあろう。俸給のほかの絹織物や肉などは担いだり懐に入れたりして持ち帰り、「小隠は山林にに隠れるが、拙者のような大隠は市中に隠れるのだと称して歌舞音曲を愛し、酒を愛し、美女を愛し、その美女も少し古くなるとすぐ新しいのと取り換えるから、この先生の周りにはいつも若い美女しかいなかったという。

まさに市中に隠れるとはこんなものだと絵に描いて見せたような生涯だが、「東方朔」の名は茶席の花に用いられる薄紅大輪の「西王母」の枝変わりとして二十一世紀の今も残っている。椿好きなら知っているはずだが、酔っぱらったような斑紅色の椿。この花容に「東方朔」とはまたよく名付けた。名付け親の学殖がしのばれる。
こんな次第で自由人東方朔の人気は今に至るまで一向に衰えない。トボケタ野郎を南九州ではトボサクと呼ぶ。語源はおそらく東方朔先生。小生この人を大先輩と思っている。何よりもまず「不埒」なところがよい。
この世はしょせん退屈なところ。生き方としては「韜晦」がベスト。孔子はヒマで困るならバクチでもうってろという。論語の中で唯一気の利いた台詞といえるのが、この「バクチでもうってろ」。
そもそも孔子先生、いうわりには仕事はいつも失敗だらけ、実情は大勢の生徒たちをつれて喪家の犬よろしく歩きまわっただけの生涯ではないか。立派な事はいってるがみんなソバ屋の釜の中。つまり湯(いう)ばっかり。とてもお手本にできるようなご仁ではない。バクチを勧めるならもっとマシな連中がいるぜ。本職のやくざのお兄さんたちは初手から孔子のようにえらそうなこたあいわねえよ。なにしろ世の中でいちばんえらいのは堅気の衆、つぎにえらいのがドロボー、つぎが乞食、人を脅してなんぼのやくざなんざあ一番のゲス野郎なんだと、ちゃんと身分はわきまえちょる。おっと、物書きどもはやくざ以下。どぶ板の上を這って歩くのが分相応。小生勉強して到達した結論がこれ。
※新刊案内 『武士道と武道(英文)』  『予知』 ――いま甦る古代支那の開運の科学  発売中『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の筆のすさび  『垂直思考        ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (162)  旗本退屈男  |  行動文化 (160)  平手打ち »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/188-2a5f2c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。