09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (131) グルメ 

乾パンは、明治時代の大日本帝国陸軍が欧米の軍用ビスケットを日本式に改良して作った携帯口糧である。正式には「重焼麺麭(ジュウショウメンポウ)と呼ばれた。
小生いま、主としてこの「重焼麺麭」と野草と水で飢えをしのいでいる。
これには理由がある。
無用のものを口にするのはみっともないからである。
 小生、ペンはとるがエンターティナーではない。書きたくないことは書かない。小生の仕事は現代への意見の発信である。乾パンは小麦の全粒粉を用いている一種の完全食。エネルギー源としては乾パンと水があれば必要にして十分。仕事を抱えている者は、食事としてはこれだけでよい。
 特別なことをしているつもりはない。食いたいのを我慢しているわけでもない。乾パンはうまいのである。水もうまい。いざとなれば野草は省略してもよろしい。こうしていると、頭が冴えてくる。来客へも乾パン? まさか。本来、レストランとか料亭は来客用のものなのだ。

 以前、野草だけで生きているという人がいた。メヒシバ(イネ科の一年草)の煮汁で生きているという意見に何かの雑誌で出合った。いったいどういう人なのか――おそらく旧日本陸軍の軍人だったのではないか。メヒシバの煮汁に含まれている成分の分析表が添えられていた。こうでなけりゃと思った。
 畜産界の口蹄疫騒ぎで痛感したが、我々には動物蛋白質は無用。齒をみれば判る。牛馬と同じ構造をもっている。草だけで生きられぬはずがないのだ。
 
泰山鴻毛 もとより人生無目的。という事はお互い好きなように生きてよいわけだが、論語はする事がなかったらバクチでもうってろという。遊んでろということだろうが、人の命はときに泰山よりも重く、また鴻毛よりも軽い。愛は惜しみなく与え、かつ奪うのだ。お互い為すべき仕事を終えたら泣いたり笑ったりの、片々たる一喜一憂へもどるのではないか? むろん美食へも。
だが小生にはまだ仕事が残っている。欧米への英文での武士道論と武道論の刊行だが、なんとか書き上げた。いま翻訳の仕上がりを待っている。あとはする事がない――はずだが、さて仕事は終わってみなければわからん。

※発刊案内 『美術カレンダー(限定版)』――剣者野中日文の筆のすさび(書画)
               発行 ヘッドライト大阪(06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (132) 新渡戸武士道  |  行動文化 (130) 禅とは »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/157-d52d217a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。