08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (127) 気色相法 

さきの二篇は予知だったが、これは少し趣がちがう。気にしているものは相貌上にこんなふうに現われるという実例。
四十三歳の男。上額部に暗濛色が立ち、歪んだ観音像が燃えている。鼻、瞼(上下のまぶた)に暗色が交差、小鼻が赤梨皮のように汚れ、ここから発した気線が赤色を発した下顎部から発した気線と口角の斜め上の赤点で出合って左額へ昇っている。
八方塞がり。家屋敷まで他人の手に渡す事になったのを自分が観音像を焼いたせいではないかと思い煩っている相。だがこの男、ちとオッチョコチョイ。脅かしてからかってやれ。
「おまえさん、信仰している観音様を燃やしちゃいましたな」
「!――」
「八方塞がり。家屋敷は他人の手に渡り夜逃げをしなけりゃならん運勢じゃ」
「だれも知らんと思うとったのに、先生どうして観音さんを焼いたこと知っとるの?」
「わしは人相見じゃ」
「人相でそんな事わかんのかよ」
「わかるから初対面のお前さんにそういうた。どうしてまた観音様なんか焼いた? このバチアタリが」
「そ、それなんだがね、あんまりする事なす事失敗続きだもんで△△教へ入って信心を始めたんだが、そこの先生が観音様をまつれ、そうすれば商売が繁盛するといいやがるんで一万円で観音さんを――それも松の木かなんかに彫ったお粗末なやつを買わされて、これで儲かれば一万円は安いと――その時は本気でそう思って仏壇を作って朝晩拝んだです」
「なんといって」
「カネが儲かりますようにって」
「うふ」
「先生おかしいかね」
「おかしい。カネは儲からなかったろう」
「大損した」
「それで怒っちまって、観音様に火を付けた」
「そう。このインチキ野郎、カーッとなって」
「どうも困った事をしてしまったもんだ」
「先生、観音さんは祟るかい」
「ああ、祟るね」
「どうすりゃいい?」
「夜逃げだ」
「先生、ひとの事だと思ってそうむごい事をいわねえでくれよ。なんとかならねえか」
「そんな心がけでは何ともならん。みーんな自業自得。おっ放(ぽ)ったカミさんだって祟ってる(右戦堂の中年女からの神動線が瞳孔にかかっている)。
「カカアは四年前におん出たのにまだおれの運気に障ってんのかよ」
「お前さんがおん出るように仕向けたからだ」
「そう何もかも見抜かれちまったんじゃあ敵わねえ。先生のいう通りにするから助けてくれよ」
「必ずいう通りにするか」
「うん、する」
「んじゃあ家屋敷を整理して、まず舟人足になれ。それから半年たったら屋台車を買ってきて夜泣きソバを売れ。そしてカミさんを連れ戻しにいけ。じつをいうとな、観音さんなんか祟っちゃいない。祟るというお前さんの心が祟っておるだけじゃ」
「わかった。夜泣きソバはじめてカカアを迎えにいく」

 ※書画カレンダー「剣者野中日文の筆のすさび」 2013年 部数限定 
             発行 ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (128) 昭和元禄 平成戦国  |  行動文化 (126) 予知(2) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/153-62a05699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。