08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (126) 予知(2) 

交通事故の予知
これは鬼が笑う明日の災難。六十四歳の砂利屋の大将の顔に横転したトラックが出た。「どうも先方がよこした運転手野郎が気に入らねえ。先生、ひと睨み睨んでくんねえ」と帰朝後東京で人相見の看板を出している師のところへやってきた。天眼鏡をかざすまでもなく、鼻の頭から鼻梁を上へ一本の赤筋。上額部には暗濛色。被害宮に横転した大型トラック。だが死相はまだ動いていない。
「いけません。大ケガの相が動いている。行くのはやめなさい。少なくとも今日一日は絶対によくない」
「そうか。やっぱりねえ。」
翌日、「先生わかったよ。昨日あのトラックに乗ってたら今頃三途の川をうろうろしてるところだった」
「トラックがひっくり返りましたか」
「そうなんだよ先生。運転手は即死さ」
「現金なものですね。もう眉の上のトラックは消えています」
「ほんとかね――いやありがたい。先生ひとつ拝ましてくれ」
「何を?」
「先生を」
「冗談じゃない。私はまだ線香や花を飾って拝まれるにはまだ五十年はあります。拝むなら即死した運転手の方でしょう」
「先生そういう意味じゃねえよ、命の恩人としてだよ」
「それならあなたの心の中の神様を拝まれたらいい。その神様があなたをここへよこされたのですから」
「よくわからんね。先生は学があるからリクツをいわれるが、わしらは石ころが相手だから先生のリクツはよくわからんよ。なんだな。先生は要するに謙遜してるんだろ」
「いや謙遜もあるがほんとの事を云ってるんですよ。あなたの命を護ったのはあなたの高度な理性力です。これは学問ではどうにもならない力で、あなたの六十年の生活が作り上げたものです。あなたは真剣な日蓮宗の信者だが、その信仰心が貴下の理性力となって災難から護ってくれているのです。
「するてえと信仰のせいだと?」
「そうです。」

※書画カレンダー 剣者野中日文の筆のすさび (2013年 部数限定)
             発行 ヘッドライト大阪(06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (127) 気色相法  |  行動文化 (125) 予知 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/152-69c06f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。