07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (11)  立場がわかっている 

 精神の位どり どはってん、という四人組のバンドがいる メンバーの面構えはロックバンドだが、「リズム演歌」を掲げている どはってんとは「怒髪天を衝く」の怒髪天だが、なるほど、いう事はハッキリしている 「稼業としてやってるんじゃない、自分の思いをぶっつけたいから歌っている 人気やご褒美がほしくて芸をするのならペット」 四人とも四〇代 はじめから売れたわけではない メジャーデビューは1991年だが、活動を中断して包丁の実演販売をした時期もあるという 「バカはバカなりに譲れない一線がある」(ど真ん中節)、「最後に勝つために戦線離脱 勝負の時じゃない」(わが逃走) といった調子 最近なんとかバイトをしなくてよくなったという よかったな 歌は聞いていないが気分のいい連中だ 聴衆に媚びないところがいい ♪男なりゃこそ意地かけまする 辰巳藝者も藝は売ったが「笑顔」は売らなかった 物書きにもいろいろいるが、記者の場合も連中と同じことだ エンターティナーではない 時代に向かって言いたい事を文字にしている 怒髪天か 覚えておこう 怒髪天は天部のほとけ、弟のような連中 彼らと小生との違いは音を使うか文字を使うかの違いだけだ アートである お互い、術になっていなくては始まらないが、響くかどうかは最終的にはこっちの責任じゃない 売れなけりゃ始まらないが、しかし「売れない」ことは「負けた」ということではない フォークの元祖ボブ・ディランも、歌いたいから、まだしゃがれ声で歌っている 反戦教祖に祭り上げる動きがあったが、相手にしない たぶん自分を芸能人とも思っちゃいない この男も客に媚びない 気分のいい奴だ  


 


 唯して諾せず


 礼記の言葉である 親や師の言葉には無条件に従うことをいう 


もう四十年も前のことだが、京都の舞の師匠が、「最近の娘さんたちは何か指示しても素直に従わず、「なぜ?」が返ってきますとボヤいていた 敗戦でみんな平等になってしまった 


昨今の家庭には親子兄弟はいない いるのは老人と若手、男と女 職場にも仕事のできる者とできない者はいるが、長上(目上)や後輩はいない 日向高鍋の藩校明倫堂の教育内容が五倫五常であった事を知っている者は、肝心の高鍋人の中にさえ何人もいない 敗戦のローラーで地ならしされて、日本列島は真っ平らになってしまった

 自由平等はつまらない 父も母もいない 兄も姉もいない むろんお爺ちゃんもお婆ちゃんもいない 師匠も門人も、先輩後輩もいない 当然敬語も忘れられ、言葉を択ぶことも忘れられ、言語も日本語は使われなくなった ▲▲
スポンサーサイト

[edit]

« 行動文化(12)「負ける」と判断したら、逃げよ・「思わない」ということ  |  行動文化 (10)  人は草食動物 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/15-c4adb8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。