08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (122) 

名無しの権兵衛殿から抗議がきた。どうやら筆者の武士道論――というよりも現代武道への直言が癇に障ったようだが、小生、「サムライ」という言葉にはいささか抵抗感がある。新渡戸武士道は「サムライの行動律」としてアメリカに知られたのだが、サムライとは「侍」。つまり権力者に侍(はべ)る使われ者。
気になるので言っておくが、これはサラリーマン諸氏への蔑視ではない。男たちが何をして女房子供を養っているかについては、それぞれに余儀ない事情というものがある。その事はよーく解っている。
 筆者への抗議は、昨今の武道界への直言に武道人蔑視の響きがあるというのが趣旨。たしかに小生、その種の発言はする。「脳ミソまで筋肉化した、トレーナーを着たゴリラども」などもこれだが、筆者は文字芸者ではない。気に入ろうと入るまいと、思った事はマッスグ書く。筆者は権力者の飼い犬ではない。人に飼われることを嫌う狼である。提灯記事は書かない。武士道に結びつける気はないが、これはペンを持つ者の矜持であることを解ってもらいたい。
 結論をいえば、いまカビ臭い「武士道」は無用。敗れる理由をそぎ落として勝てる道理を追究する「武道」があればよい。武士道との兼ね合いについては、狭義の「武士」はもういない。だが「士」はいる。むろん武道界にもいる。しかしこれは「侍」ではない。筆者は武士道の研究者ではあるが、現代の武道人のすべてを武士とは思っていないし、武士でなければならんとも思わない。
筆者が思い描いている「士」とは権力者の飼い犬ではなく、無辜(社会的弱者、よるべなき者、たとえば子供たち)を無条件に護ろうとする者たち。競技化した武道にもスポーツとしての意義はあるだろうが、無辜への配慮を忘れた武道人とは、もはや「士」でさえない。こんな連中へ払う敬意は小生、持ち合わせない。いま出版準備中の『武士道と武道』(英文)には、武士道なるものへの筆者なりの疑念をストレートに叩きつけた。むろん新渡戸武士道も、山崎闇斎の「臣道」も、「武士道とは死ぬ事とみつけたり」の葉隠武士道も、容赦なく批判した。反論があるならどうぞ。受けて立つ。君子の争いならば望むところだ。 
徳間書店の新刊書『武士道と葉隠』――3・11に見た日本人の武士道――は葉隠を武士道の代表とみているようだが、原発事故を例にとれば、あのような場面で身を挺して動いてくれる男たちがいれば政府も東電も好都合にはちがいない。だが徳間武士道には、権力者たちへの忠節はや滅私奉公はあっても批判はみられない。武道人には犬ではなく、飼い馴らすことのできない狼であってもらいたい。
※ 書画カレンダー「剣者野中日文の筆のすさび」(2013年 部数限定)
              ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (123) 武士道  |  行動文化 (121) 時間ドロボー »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/148-3b2accab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。