04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(118) 無刀流の剣 

のそのそ剣の山岡鉄舟 一刀流の山岡鉄太郎、のちに剣を離れて無刀流を立て、道場を春風館とした。電光影裏に春風を斬る(禅語)の「春風」。無刀の剣理を問う者があると、「なあに、ここへ納めるのです」と、ポンと下腹を叩いた。
これはまあ、なんとか解る。が、解り難いのは、その鉄舟が道場ではいくらでも打たれている――つまり打とうと思えばいくらでも打てるが――ときどきヒョイと突きをもらう。のどに風穴があいたようだったと。
 いくらでも打てたのは、鉄舟は動かずに「見切り」の稽古をしていたのかとも思うが、しかし打つ側からすればこれでは稽古にはならん。
 鉄舟にとって剣とは何だったのか? むろん武士の嗜みだったのだろうが、この「武士のたしなみ」とは「選手権」でも「金メダル」でもない。そんな武道はいまの日本人には見えにくい。
 しかし「無刀」は現代的。心術としての剣そのもの。小生の「武道行動学」もこれ。勝った負けたはもうどうでもよい。いい年をしていつまでもチャンバラごっこでもなかろ。
鉄舟の「打とうと思えばいくらでも打てた」というのは精神の位どりの問題。筆者の先輩方は真剣を離れた竹刀剣道を「ささら踊り」と呼んでいたが、無刀では心術が使えなかったら「ささら踊り」でさえない。
 老婆心としてもう一度。他人と技くらべををする気など、鉄舟にはなかった。メダルも選手権もあるはずがない。この言い方は武道やプロスポーツとは無関係の人たちにはわかる。「アスリート」と呼ばれて喜んでいるような連中にはわからん。技くらべが面白いなら、気のすむまでやっておれ。
 最近『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか』という新刊書を書店でみかけて拾い読みをしてみた。「木村の前に木村なく、木村のあとに木村なし」の木村政彦。戦後プロ柔道をへてプロレスの世界へ。そして商人正力松太郎の餌食になった。柔道からプロレスリングの世界へ移った者にはオランダのヘーシンクがいる。神永を破ったヘーシンク。読売ジャイアンツを作った正力が、テレビ放映権で稼ぐために柔道の木村と力道山を蹴合わせた。そう、軍鶏(しゃも)のように。キャッチコピーが「昭和の巌流島」。「引き分け」の予定だったというが正力の目的はテレビだからそんな事はどーでもよかったはず。この「巌流島」の結果? むろん正力が儲けたさ。力道も木村も正力を太らせる事に奉仕した。人を投げる事しか知らないとこうなるぜ。おい。この正力が次に合気道と力道を蹴合わせようと企てた。そして二代目植芝吉祥丸に体よく追っ払われて器量を下げ、本流合気道は「君子の武道」として名を挙げた。▲▲
※近刊予告 『武士道と武道(英文)』(ヘッドライト社)
※発刊案内 『美術カレンダー』(部数限定) ――剣者野中日文の筆のすさび
      『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
                   へッドライト (06,6609,9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化(119) 商品開発と情報処理  |  行動文化(117) 昭和の武士道(2) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/142-3099955c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。