08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (109)  文献学者 

オリジナルな研究ではなく、古典などの他人の研究の成果を寄せ集めつなぎ合わせたものを自分の名で発表する人間を「文献学者」と呼ぶ。
筆者の周辺にもたくさんいる。その一人に著名な禅学者がいた。仲間を集めて機関誌を出していて筆者も「原稿料は出ないが、何か書け」といわれて、しばらく書いたが、校正のために送ってくる下刷りをみるとミスプリントだらけで、赤インクで修正すると全ページ真っ赤になる。
編集をしている先輩に訊いてみると、手書きの原稿をワープロで打ち直す作業は、小遣いも与えていない無料奉仕の高校の女学生だった。参考までに発行部数を訊いてみると、それを中心人物に訊いたところ、「君は言われた事だけをやってりゃいい」と突っぱねられたという。驚いて印刷製本を頼んでいる東北の印刷所へ支払っている料金を訊いてみた。無料奉仕ではなかったが、紙代も印刷製本の料金も、終戦当時のままに約二十年間据え置かれていた。どうやら「我々の仕事に参加できているのは意義のあることだから」といわれて言い返すこともできず、言われた通りに引き受けさせられていたようだ。
もうかなり日がたつ。本稿には中心人物の実名を出そうかと思ったが、以前本人に近い人に頼まれたことがあって。思いとどまった。

この機関誌の執筆者たちはみな社会的な地位も身分もある錚々たるメンバーである。その中では筆者は駆け出しの若造、いわば登竜門へのチャンスとして書かせてもらっている立場、執筆を降りるのが精一杯だった。当時の中枢にいた一人へそのことを告げると、「これは小さくても禅三派の専門誌、研究発表の場としては使える、執筆中止は思いとどまらないか」という返事だった。
この先輩はいま都内の文系の某大学の学長に納まっているが、当時の中心人物はじつに要領のいい人で、これまでずっと借家住まいだが家賃を負担したことがない。その情報網は完璧で、近いうちにどこの寺の離れが空くというような話はすぐ入ってくる仕掛けになっていた。
筆者にも青年時代、北鎌倉の円覚寺居士林を関東での足場代わりに使っていた時期がある。とても威張れたものではないが、最近は禅の世界がじつに問題の多い、言ってみれば世俗以上に俗な、それでいてエリート意識だけはつよい世界だという事がよくわかる。
額に汗して働いて身内を護り仲間たちを護る、人間これを忘れたらダメだ。禅はいまや禅寺にはない。禅を学びたいならまず『臨済録』の原典を自分の眼で読むことだ。この中に「無位の真人」について説いているところがある。この「無位の真人」が自分だと見当がついたら一人前の禅者だ。
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (110)  武術  |  行動文化 (108)  吉本隆明 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/133-45b1c7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。