09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(105) 敵を愛せよ 

「汝の敵を愛せよ」、キリストの言葉だというが、信憑性はうすい。
調べてみるまでもない。キリストはこんなことは言わない。偽善が匂う。
小学校の先生方は子供たちへ、「誰とでも仲良くしないといけませんよ」というが、これはまあ「無用のゴタゴタをおこさないように」ということ。
しかし「敵を愛せよ」の方はこれとはちがう。小学校の先生なら、子供たちがケンカをはじめたら仲裁に入って仲直りをさせる。「敵を愛せよ」の方は、子供へではなく大人へのお説教である。
キリストの方には、売春婦へ石を投げている者たち(そんな事をした時代があったらしい) へ対する「汝らの中で、罪を犯していない者だけが石を投げよ」があるが、これはたぶん実話。
敵を愛することなど人にはできないし、する必要もない。大きくなればよい。同じことだ。考えてみればわかる。わが子を殺した相手を愛せるものかどうか。
筆者のこんな意見に対して、それは極論だという声がある。
極論ねえ。例外だらけの断定はない。発言には責任がともなう。「汝の敵を愛せよ」は軽い。「罪なき者のみ石を投げよ」とは不均衡。

ライバル意識
師弟関係にもどうかするとこれがある。
合気道の先輩の一人に気さくで話の面白い人がいて、この人を中心にピラミッド構造ができていた。
はじめはうまくいったが、やがて隙間ができた。原因はペンだった。
この先輩、後輩がペンをもつ事を喜ばなかった。本人に聞いた話だが、お兄さんに「おまえは筆一本で食える男だ」と言われたことがあって、これがよほどうれしかったらしい。筆者のほかにも何人か本を出した者がいて、みんなイヤミをいわれた。
お兄さんの眼は確かだったと思う。失敬ないい方だがこの先輩、たしかに文才はあった。要するに狭量なのである。將器ではない。
男女にかかわりなく後輩はだんだん育ってゆく。いつまでも大学生ではない。 ましてペンをとることがいわゆる「出世」なのかどうか。執筆とは世間におのれをさらす事なのであって、けっして気の利いた仕事ではない。まして最近は本が売れない。むろん人気作家は創作文藝の世界には何人かいるが、筆者は話藝で仕事をする物書きではない。何にでも文句をつける「文句屋」である。味方よりも敵の方が多い。筆者がペンをとることを喜ばなかった先輩の気持ちが、まだわからない。
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 (106) 阿部先輩のこと  |  行動文化(104) 初年兵の分際で »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/129-f18c18db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。