04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 97 島田(和繁)さんのこと 

三島由紀夫については既に書いたかと思うが、三島の学習院の同期に島田さんがいる。太平洋戦末期の学徒出陣で、南方で戦った。過酷な戦闘だったらしい。多くの学友をこの戦闘で失った。だというのに、生き長らえて帰国、頬かむりしてぬくぬくと生きている職業軍人連中が許せなかった。

D・マッカーサーを生きたままアメリカへ帰したのでは死んだ戦友たちに申し訳が立たぬと、腰にダイナマイトを巻きつけてD・マッカーサーのジープをつけ狙ったという島田さんである。
さすがにこの時は周囲が島田さんを抱き留めて果たせなかったが、しかしこれはわが先輩ながら短慮というしかない。抱き留められもしよう。すると今度は島田先輩、生き恥をさらしている将軍連中へ矛先を向けた。ダイナマイトを腰に巻いた同じ姿で、生き恥組の自宅へ乗り込んで自決をせまった。
で連中、自決したか? 
書くまでもなかろう。

小生、牛肉も豚肉も久しく口にしていない。鶏肉はむろん魚さえダメ。胃が受け付けない。文字通りの草食系。老いてからは、いり豆とか、そのあたりの土手の野草で飢えを満たしている。好きだった茶も最近は山蔭のドクダミなどを煮出して飲んでいる。痩せてきた。
そもそも最近、飲み食いごとにはもう、ほとんど興味がなくなっている。
ただ、美しいものを見、いい音は聴いていたい。酒杯はとるが、ブランデーにせよ、ワインにせよ、手にしていさえすればそれでいい。とくに飲みたいという気は動かない。老境というものだろうが、この野中を美食や美女で釣ることは無理。その種のものは鑑賞しているだけでよい。

しかし日向の国は、まだ野草は食える。
福島の民は野草さえ摘めない。
民から食を奪い、家を奪い、先祖伝来の土地を奪った原発。その罪は万死に値する。
企てたのは、学識財力豊かな、国政を動かせる現代の実力者。
どなたも一騎当千、万夫不当のもののふのはず。
お名前を申し上げるまでもなかろう。
どう責任をおとりになるのか? 
腹の切り方を御存じないのなら野中日文、教えて進ぜよう。
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 98  白洲次郎  |  行動文化96 ペンと剣 »

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

履歴書の書き方 #- | URL | 2012/06/07 11:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/119-e77cb80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。