04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 93 勘違い 

恥を書く 
いま午前2・30 
30分前、「気力充実」を、神経をやられたと勘違いしていた
 疲れているはずなのに、横になっても寝られない かゆい 全身がかゆい
かきむしる なおかゆくなる 寝られん 
――ついにおいでになったか? 
いま英文武士道の追い込み 枕元はメモの山 最近寝ていても意識は電脳の鍵盤で文字を織っている 
発狂したニイチェのあとを、この左近太郎野中日文もたどるのか? ニイチェは敬愛する兄貴だが発狂は願い下げだ 仕事がのこっている 若い連中も放り出すわけにはいかん いまくたばってたまるか!     
アッ! と思った 
疲れたから横になったのだが、疲れちゃいなかったのだ 
このごろ、メッタやたらと筆が走る 筆が小生をひきずる 寝かさない
小生、オクテである 
人並みの人間と思っていたが、小生の場合いまが旬なのである 疲れた、と思ったから横になったのだが、神経は立っていたのだ

この勘違いはどこから生まれたのか?
横になる前に、暖炉の前で一時間ほど坐禅をした 
ポカポカといい気持だった
なまじの坐禅がいけなかった あれで調子が狂った 
テメエの失敗をネタに説教されたんじゃあ聞かされる側はたまったもんじゃ
ねえが、ホントの話なんだから自戒をこめて書いておく
 
ついでに一言、筆名の「左近太郎」の意味を訊いてくる読者各位へ
 陶芸家の窯場に、渓流の水をひいてのんびりと石を砕いている臼をご覧になったことはないか? 
 あれですよ 唐臼とも呼ぶが、小生の里ではかつて「シャクンタロ」とよんでいました 眺めていて気に入った
 小生、同窓の連中が一年でかたづける仕事に、十年かかった ペンを執ったのが知命 自分が何者なのかに気付いてテーマがきまったのが三年前 同窓たちが人生を卒業し始める時期になって、ようやくエンジンがかかった ▲▲
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化 94 武士道と騎士道  |  行動文化 92 国際武道大学 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/115-95ac0fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。