04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化88  

真珠湾は「頭脳戦」だった 

日本の制服組がアメリカの背広組(市民)に敗れた勝負といわれる太平洋作戦だが、これも本質はデスクの上での頭脳戦だった 
アメリカの大統領は非戦論で票を得た人物 有色人種を人とは思っていなかった 「ホワイトパシフィック(白人の太平洋))」の構想には日本が目ざわりだったが、実現には大義名分が必要 ハルノ―トで追い詰めればジャップは必ず出てくると踏んだ 「真珠湾へ日本軍突入」の報に盟友チャーチルは躍りあがって喜んだという
戦いとは勝つためのものである それも戦わずして勝つ、リスクゼロがベスト 火力戦は愚策 勝負の鉄則として「血をみる事を恐れぬ者が勝つ」という意見がある 意見の別れるところだが、人は「知」の生き物 インド独立の父ガンジーは「殺すぞ」と脅されてもイギリスに屈しなかった こう言ってのけている 「あなた方は私の死体を手に入れる事はできるでしょうが、私の服従を手に入れる事はできないでしょう」

戦いとは、飛行機やミサイルでドンパチやることではない 勝てる条件を調えるまでの過程のことである 「必勝の信念」や「覚悟」ではなく、戦えば必ず勝てるという条件を調えることである あとは戦うまでもなく相手は手を出さない 無駄な出費はおたがい避けたい
三島由紀夫とは結局ペンの人 それも理論家ではなく「美学者」 制服に意匠を凝らし、分列行進のほかには何もしていない それでいて最後は割腹自決  
自衛隊に揺さぶりをかけたのだとみればそう見えなくもないが、それにしてはサラリーマン集団と化している今の自衛隊が見えていない 舞台役者気取りで、老醜をさらす前に死にたかっただけのことではないか?
「美学」などどうでもよい 自衛隊を動かすために立つのなら、かつての甘粕のように敵地へ潜入しての効果的な動き方があるはずだが、筆者としてはそれは採らない もっと穏やかで現代的な手法がある それは何か? 解りきったことだ 「外交」だよ それも商売にからめた民間外交
三島には「わからない人」という評があるが、きわめて解りやすい男 ただのカッコつけ 謀略戦どころか射撃訓練さえしてはいない 拳銃もおそらく使えない 三島に比較すれば自爆テロの方がよほど効果的である それにしても教育界は鈍い 「必修武道」で人を育てようとは思っていない 国敗れて忠臣生れ、家傾いて孝子出づ 学校には期待できない では何処へ? 民間の営業人 世界に人脈を持つ商社マンに期待をつなぐ 願わくは業界の諸兄、筆者のネットコラム「垂直思考」と準備中の英文の『武道と武士道』を ▲▲
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 行動文化89 嫌われ者  |  行動文化87 師と友 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonakahihumi.blog.fc2.com/tb.php/109-48f9315c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。