10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化(174) 人生とは過程 

人生に目的があるかどうかも、人の命の問題も、人によって違う。だがこれは一般論であって、個人として考えれば「人によって違う」などとのんきな事はいっていられない。
我々はおたがい、屁ひとつ貸し借りのできないのっぴきならぬ日常を生きている。人生の内容とは小面倒で鬱陶しい貸し借りや、それに伴う愛憎である。小生自身にしたところで、いつどこで誰に何を云われているか知れたものではない。弁解はしないが、しかし「弁解」はしょせん人間相手。つまり水平思考。垂直の視座からは人生とは過程なのであって、泣いたり笑ったりの一瞬一瞬で完結しているのである。
え? 無定見? その通り。無定見では悪いか。
自分の問題なのだ。一般論ではない。人が立っていられるのは一本足ではなく、二本足で、動けるからである。光源氏は稀代の浮気者。右にふらつき、左によろめき、その日その日の出来心。やまとごころとはすなわちこれ。日本男児のお手本として後世に名を遺した。

「悲」
 人は自分のことを思っているときは地獄にいるのだといったのは禅の沢木興道。禅を学んでニヒリズムの地獄を脱出できないのはニセ悟りと断じてよろしい。
禅とは無我の自証である。
沢木の「宿なし興道」の看板を「宿なし」だけ余計だと批判した者が禅界にいる。無論そういえなくはないが、批判のための批判の観を免れない。
沢木老師の「宿なし」は、剣でいえば「位どり」の心得。位どりだというのは、「悲」とは与奪の「与」の位。殺人刀活人剣の二つの位でいえば「悲」とは無条件の愛。
そもそも我々は何のためにこの世へ生まれおちるのか。
むろん色々な意見があるが、筆者はそれは「悲しみ」を体験して自由を手に入れるためだと思っている。自由がほんとに手にいるかどうかは体験しかない。もし悟ったと思っても「虚無感」が残っていたらそれはまちがいなくニセ悟り。最後に残るのが肉体。肉体とは天が与えたもうた「不如意」を体験させるための足枷。
※『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
 『垂直思考』――思想家野中の筆業の総決算  『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の筆のすさび  ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化(173) 閉塞感と鬱 

井の中の蛙にも、天の高いことはわかる。大哲カントは、生まれた村を生涯離れなかったという。ほんとかウソかは知らないが、あり得ない話ではない。
鬱とは要するに閉塞感なのだが、これはマジメ人間の病気。不埒者はやられない。不埒、とは囲いがないということであって、井の中の蛙にはたぶん閉塞感はない。こんなものだと思っている。
井伏鱒二の山椒魚は、出られなくなって悲しんだことになっているが、あれはフィクション。山椒魚は不精者なのであって、むしろ世間へは出たくない。餌さえあればそれでよろしい。つまり「鬱」にはかからない。
善人は地獄へ
丹波哲郎の「あの世論」を読んだやくざのお兄さんが、「おれは轢きそうになったシマ蛇を轢かずに逃がしてやったことがあるが、どうだろう、地獄行きは勘弁してもらえるだろうか?」と訊いてきたという。「借りた金を返さずにあんた、それでおてんとさまの下を大手を振って歩けるのかよ」これもやくざのお兄さん。親鸞聖人の悪人正機説も、往生できるのは悪人だけだと云っている。これはよくわかる。自分は善人だから間違いなく極楽往生ができると思いこんでいるようなウヌボレ野郎がすんなりと極楽へいけるはずがない。
ソクラテスは悪人だったという。毎日、身をせめて泣いていた。そこへ神が現われた。
「ソクラテスよ。なぜ泣く」
「私は悪人でございます」
「いや、そうではない。そなたは善人であるぞよ。このアテナイの町で自分が悪人であることを知っているのはそなた一人じゃ」
窮すれば変じ、変ずれば通ず
荘子は、人生とは逆さはりつけにかけられているようなものだという。
つまり「死」とは人にとっての解放。ダライラマも同じことを云っている。
人の生涯が逆さはりつけであるかどうかはむろん視点の問題。人によってちがう。だが少なくとも鬱に関しては視点次第でどうにでもなる。
孫子に、「軍争の難きは、迂をもって直となし、患をもって利となすにあり」の句がある。ピンチをチャンスに置き換えるのは他人ではなく自分。つまり人生や死を閉塞とみるかどうかも自分次第。つまり垂直思考の領分。

※近刊案内 『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 『垂直思考』―思想家野中の筆業の総決算 『書画カレンダー(部数限定)』              ヘッドライト大阪(06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化(172) 鬱 

死にいたる病気である。バカはカゼをひかないというが、これは結局視野の問題ではないか。
視野にもいろいろある。鬱を病むのは水平軸の視野しかもたない者。「みんなはどうしているか」だけを気にしている。
だが生き死にの問題は水平思考ではみえてこない。
そもそも「自分」というものが水平思考の対象にはなりえない。「死」とはきわめて個人的な問題なのであって、答えを出すのにもそれは結局自問自答。一般論にはなりえない。他人の意見は参考にはなるだろうがあくまでも他人の意見でしかない。これが水平思考の限界。
そこへいくと下記の対話は垂直思考への視野を小気味よくきり広げてくれる。まあごらんあれ。

豚に真珠
BBCの日本語部長だったT・レゲット氏は講道館柔道の七段とかを許されている日本通だが、天台密教の今東光に対談でみごとに切り返されている。技は――さよう、送り足払い返し(ツバメ返し)か。
T・レゲット氏がなにかのはずみで「豚に真珠」といったところ、即座に「ちょっとまった、豚の身にもなってみろ、真珠なんかもらったってしょうがねえじゃねえか」とキレのいい江戸弁。
T・レゲット氏はこれを面白がって『紳士道と武士道』だったかに紹介しているが、T・レゲット氏の水平思考に対する東光和尚の垂直思考。まあ、いってみればこれが東と西とのちがい。
水平思考と垂直思考は無論視点のとりかたで、そこには水平思考の方が視野が広く、垂直思考は掘り下げ専門で視野はむしろ水平思考のほうがひろいとする意見もある。どっちでもいいようなものだが、自然科学には水平思考、人間論や人生論には垂直思考とはいえるのではないか。
T・レゲット氏と東光和尚との場面でいえば、人の存在を天・地・人の垂直軸で考えたほうが豚と人とが同じ水平面に肩を並べている分だけ、おなじ地上の仲間物同士という視野がひらけて鬱に関しては風通しがよくなるように思えるのだが。
※近刊予告 『武士道と武道 (英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の筆のすさび
『垂直思考』―思想家野中の筆業の総決算 
ヘッドライト大阪(06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化(171) 年貢 

小生すでに老境。もの憂い。生きていることにも厭きた。みるべきものはみた。三度のめしがいま一度になっているが、その一度さえどうでもよい。一週間食わずにいてもべつにどうってこともない。痩せてきた。のぞむところ。
このあたりで仕事の総決算。つまり年貢のおさめどき。つまり本稿は年貢。
なにを書くか。
爪痕? いや、それはない。ネコじゃあるまいし。
顧みれば、社会責任を放置しての道楽三昧のこれまでだった。
諸先輩の恩義にも酬いていない。せめて報告をかねて若い諸君に、意見がましいものでなく何か役に立つものを遺して兄貴づらをさせてもらいたい。
小生にできる事は何か。ペンしかない。それがこんな文章になった。お役に立てる部分があれば筆者一盞の祝杯に値する。

年貢として『垂直思考』を書き上げた。「垂直思考」とはむろん自然科学の「水平思考」に対するもので、上にオテントサマを頂き、下に地獄を怖れながら生きている日本人の生涯とは、まちがいなく垂直軸の人生。
西洋にも天国と地獄はある。しかし西洋の場合はあくまでも「人」が中心。キリストの位置づけにしてもそれはあくまでも「人」のための神なのであって、たとえば狼などは入っていない。これを垂直思考とよぶ事は無理。
東と西の違いが端的に現われているのが日本神道。それも賀茂真淵、本居宣長の系譜の復古神道。別名が「古道」。本質は「無教義」。小論のテーマである。老婆心までに欄外に書きこみ枠を用意した。ご利用を。

現代の神自然科学は、「不安」を与えたまう
こんなはずではなかった。自然科学という現代の神は、発達するほどに民に「安心」ではなく「不安」を与えたまう。
現代人は、安んじて死ねなくなった。一将功なりて万骨枯る。生かす技術は長足の進歩をとげた。優秀な基礎医学の研究者はノーベル賞を受けるが、臨床医はまだガンの治療には決定的な手法はもたない。
むろん医師とは加療師であって死なせ方のプロではない。死なせ方の上手な者には病院の経営は無理。つまり医学者は歓迎されても、結果の出せない臨床医には居場所はない。(小著『垂直思考』より)
※近刊予告 『武士道と武道』(英文) 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学  『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の筆のすさび
『垂直思考』―思想家野中の筆業の総決算 ヘッドライト大阪(06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。