09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (170)  「悲」 

「人は自分の事を思うているときは地獄にきているのじゃ」といったのは曹洞禅の沢木興道だが、禅を学んでニヒリズムの地獄を脱出できないのはニセ悟りと断じてよろしい。
 禅とは無我の自証である。沢木の「宿なし興道」の看板を「宿なし」だけ余計だと批判した者が禅界にいる。無論そういえなくはないが、批判のための批判の感を免れない。沢木老師の「宿なし」は、剣でいえば「位どり」の心得にあたるのではないか。位どりだというのは、「悲」とは与奪の与の位。殺人刀、活人剣の二つの位でいえば「悲」とは無条件の愛。
 そもそも我々はなんのためにこの世へ生まれおちるのか? むろん意見はいろいろあろう。筆者はそれは「悲しみ」を体験して「自由」を手に入れるためだと思っている。自由がほんとに手に入るかどうかは、体験するしかない。もし悟ったと思っても虚無感が残っていたらそれは間違いなくニセ悟り。最後に残るのが肉体。肉体とは天が与えたもうた「不自由」を体験するための重し。
 禅の六祖に慧能という人がいる。どこへゆくにも石臼を背負っていた。片時も降ろさなかったという。左様。六祖の場合、石臼とは十字架。
 ではなぜ十字架を? この人には老いた母親がいて、慧能が拾ってくる薪を売って細々と暮らしをたてていた。そこへ禅の達人のうわさ。
 若い、ものを知らないということは悲しい。自分を杖とも柱ともたのんでいる老いた母親をすてて禅へ走った。あとはいうまでもなかろう。

 もう一つ。支那事変のとき、本隊にはぐれて山野をさまよい、とある谷間の一軒家をみつけた。いってみると老婆がひとり炉ばたにいて、なにか煮ている。柴戸を蹴破ってとびこみ、軍刀を抜いてつきつけた。老婆はキョトン。張合いがないから老婆をはなし、鍋の中のものをむさぼり食った。老婆はじっと見ていたが、兵が食い終わって出て行こうとすると袖をつかんでひきとめる。?
ひきとめておいてこの婆さん、団子のようなものをボロぎれに包んで兵の腰に結びつける。茫然と立っていると、こんどは竹筒に草の煮汁のようなものを入れて、これも持って行けと持たせた。日本兵、ついに泣きだした。その背中を婆ちゃん、枯れ枝のような細い手で何度も何度もなでてくれたという。
 戦後、忘れかねて新聞の片隅に出していた体験談。蛇足までに。この老婆にとって日本兵は敵ではなく、腹をすかせて怯えている息子だった。
 ※新刊案内 『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 『垂直思考』――思想家野中日文の人生の終章 『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中の筆のすさび  ヘッドライト大阪(06・6609・9750) 
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (169)  武道は一人一派 

身のすくむ思い
 合気道開祖に入門してまもなく、開祖が数人の会員を相手に何事かを話している事務所にいた時のことである。懐紙をとろうとしてポケットをさぐると開祖がジロリとこっちをみた。一瞬、動けなかった。
 のちに外部の者へこのときのことを話すと、相手は鼻の先で妙な笑い方をした。武道界の者ならわかる。よくわからなくても、少なくとも笑いはしない。
 たとえばニューヨークの街角で、警察官に呼び止められたのでパスポートを出そうと上着の内ポケットへ手を入れるのと同時に拳銃で射殺された日本人がいた。平和日本ではまず起こり得ない事だが、かりに先ほどの人物にこの話をしたらどう思うだろうか。やはり笑い飛ばすだろうか?
 筆者の場合、開祖に教えてもらったのは、剣の心得としては左上段からの出足と引き足の相打ちの剣理を一回だけ。徒手の心得としては左構えからの出足での正面からの入り方一本。後にも先にもこの二回だけである。これを三千人を相手に研げといった。ひとまず開祖の膝もとでの修行をきりあげて九州へもどるために岩間へうかがったときは、「武道で立つつもりであろうが、気の線は三千本を用意しておけ」という言葉をはなむけとして頂いた。伝えるべきものは伝えた、あとは自分でということ。つまりこれが古来の武者修行である。
 武道の世界に「白紙允可」というものがある。
「一人一派」とは、上記の「気の線は三千本」ということなのであって剣の場合、同じ面打ちでも使いこなし方は使い手次第ということ。これは考えてみればわかるが、性格も体質もそれぞれにちがう。意識するとしないにかかわりなく客観的には必ずそうなる。
 のこるのは「心術」。ものをいうのは危険に対する感度。具体的には行動の作法、つまり「礼儀」。
 話が混乱するから、死生観に関係のないことへは踏み込まない。たとえば合気道の正面一教(腕おさえ)の場合、初めもなければ終わりもないという動き方の心得が解っていないとどうにもならない。それも開祖の言葉でいえば「体」が主になっていてはどう動きようもない。有限の肉体をつかってどう「無限」を表現するか。となると術の工夫は結局、むつかしくいえば「無時空」の世界への眼が開けないとどうにもならぬ。開祖の「わしに七日つけば天下の達人になれる」。いまこれがよくわかる。近刊予告 ※『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学  『垂直思考』――思想家野中の人生の終章  発売中 『美術カレンダー(限定出版)』――剣者野中日文の筆のすさび
                  ヘッドライト大阪(06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (168)  井上陽水 

♪あまいくちづけ 遠いおもい出 
    ゆめのあいだに うかべて 泣こうか
 わすれたままの 恋のささやき 
     こよいひととき さがしてみようか
 恋の歌が 誘いながら ながれてくる
     そっと眠りかけた ラジオからの さみしい
        そしてかなしい いっそやさしい セレナーデ

30年ほどまえに知人に聴かせてもらったことがある。
そのときはつまんねえ、バカバカしい歌だと思った。もっとも聴かせてくれた人も良い歌と思ってのことじゃなかったようだが、なにせドアのノブは金属のメダルでなどという無意味なゴロ合わせ、これだけでうたっている歌手。 
 拙者いま老境。もうみるべきものはみた。することがない。すなわち無聊。はやくいえば退屈。へその緒をきって以来の初体験である。
 聴くともなしにラジオ。そこへいきなり♪あまいくちづけ わっ!と思った。
 いわずもがな、小生にも人並みに恋愛沙汰のひとつふたつはある。
 万葉の恋歌の番組のあとだった。すなわちシチュエーション抜群。先人の体験に照らしても、恋というものがこわれやすいワイングラスだというほどの認識はある。はやくいえば万葉の恋唄との間に時間の距離はない。で、どうなる? どうもなりはしないさ。ただそれだけのことなんだが、ひとつだけはっきりしているのは井上陽水のセンスはいまストレートに響いてくる。
 むろん恋の至極が片恋だというぐらいのことは知っている。またけだるさの美意識も。つまり陽水のいう ♪遠い思い出 ゆめのあいだに うかべて 泣こうか とは万人共通の感情なのだということ。

 命の余韻、ということなのだろうか。我々世代の男たちにとっては、陽水の歌声はめめしい。だが、いまの小生には陽水はちっともめめしくない。むしろ♪さみしい、そしてかなしい、いっそやさしいセレナーデ。これはいま筆者自身の思いでもある。人生とはすなわち過程。具体的には「今」。人間、過去をすっぱりと切り捨てるのがえらいわけではない。男とは本来、女以上に過ぎ去った日々を忘れかねる生き物ではないか? 
※近刊予告『武士道と武道(英文)』 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の筆のすさび 『垂直思考』――思想家野中の人生の終章   ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (167)  花鳥風月 

いきがったいい方になるが、師を超えるということは淋しい。
まあ、育てた側としては満足ではあろう。相撲では師を投げたら一人前という。武道の場合も同じ事だが、しかし何の道であれ、すくなくとも道の世界に身をおいている者には、弟子に追い越されたことを素直に喜べる者などいないのではないか。
血縁の親子の場合はちがう。やれやれ、これで楽隠居ができるとまあ大抵の親がそう思うし、世間もそうみる。
むろん、自分を凌ぐ門人を育て得なかった師にも淋しさはあるが、そうはいっても出藍の門人を育て得た者の淋しさには、やはりどこか何物にも代えがたい満足があるのではないか。

ことわっておくが、先輩方のマネを勧めているわけではない。無論むろん粉骨砕身、生涯現役、世に「死に花を咲かせる」というが、斃れてのち已むの精神はおみごと。
だがそれは時としてハタ迷惑でもある。ではどうする?
手はある。どんな手が? されば。「人間廃業」。
具体的には「競争」をやめる。
やめて何をする?
しれたこと。遊ぶしかなかろ。
 人を相手に遊ぶのもよいが、しかし人間相手はやはりどこかしんどい。これは同窓会に出てみればわかる。ほんと、うんざりする。やはりここも競争。
まあ、飲み屋の女を相手にするという手もなくはない。たとえばこんな女。
 ボックス席で、
「あーあ、イケ面のいい客こないかなあ」と、これみよがしの大あくび。
「おれだって客だぜ」 まってました。
「だからこうしてガマンして坐ってんじゃないよ」この女ただ者ではない。

 結局、花鳥風月しかなかろう。むろんバクチもあればケンカもある。が、それも結局アホらしい。以上、諸兄姉のご参考になるかどうか知らないが、老境の一例までに。▲▲
※近刊予告『武士道と武道(英文)』 『予知』――今甦る古代支那の開運の科学
『垂直思考』――思想家野中の仕事の総決算  
『美術カレンダー(部数限定)』――剣者野中日文の書画の世界
                  ヘッドライト大阪(06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。