05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (152)  邵康節(2) 

邵先生、ある日一脚の椅子を新調されたが、それを定位置に備え付けた日によって占い、椅子の底裏に「○年△日▽時にこの椅子は仙人に壊される」と書きつけておかれた。
 その当日、一人の道士が訪れてこの椅子へ着座したところ、椅子が壊れ、道士は赤面して詫びた。すると邵先生、
 「ものが壊れるというのもみな運命。前もって定まっていることであります。ご心配にはおよびません。あなたは真の神仙でいらっしゃいますから申し上げますが、じつはこの通りでございます」
と椅子の底をみせると道士は驚愕してものもいわずに外へ走り出たが、出てみてもその姿はなかった。
 
 先天象数の学
 邵康節の占術は、別名を「先天象数の学」と呼ぶ。
 邵康節の学問が占筮を用いない梅花心易。その原理とは「先天象数」。
「科学」とは論理の積み重ねであって客観性が条件だが、邵康節の手法とは論理ではなく――いや、論理ではあるがそこには次元の飛躍があるから客観性はない――いや、客観性もなくはないが、それは霊眼が開いた者たちの間でしか通用しない客観性である。
別刊『予知』にとりあげているのが「宇宙意識」。邵康節の占術とはこの宇宙意識を「数」の組み合わせに置き換えたものだが、「先天象数」の「先天」とは、人の深層意識に横たわる霊感のことである。筆者の師(玄通子)はこの「宇宙意識」を、じつに説得力のある言葉で解明している(近刊『予知』所載) が、やはり「霊眼」が条件。梅花心易は霊眼が開けなくても実用ができる。
余談にわたるが、邵康節の占術の感触を伝えていなくもない話に、次のようなものがある。
女性が一人、風呂敷包みを持って某の家に入った。ある易者これを追って家へ入り、女に問う。「その包みは桃の実か?」「左様でございます」「六十四個か?」「数は存じません」 調べさせると六十四個。占法を問われて曰く、彼女が家へ入ろうとする時着衣の裾がパッパッと開いて太腿がみえた。それで六十四個の桃。どうして? これがわからんようでは×。パッパ六十四。当時喧伝された話だという。新井白蛾の『易学類篇』に出ているが白蛾は「鼻を掩うの駄話と切り捨てている。※近刊案内 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
   発売中『美術カレンダー(限定出版)』――剣者野中日文の筆のすさび
                  ヘッドライト大阪(06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (151) 邵康節 

外れようがないといわれる占いに「梅花心易」がある。
その源流が、洛陽の天津橋にさしかかったときホトトギスの声を聴いただけで王安石の歴史舞台への登場を予言した邵康節。
宋の仁宋の時(1023~1063)、青年邵康節は山林に隠棲し、易の研究に余念がなかった。真冬にも暖をとらず、真夏にも涼をいれず、易書を解きほぐして一枚ずつ壁にはりつけ、寝ても覚めてもこれを睨んで考を練っていたが、ある時そのまままどろんでしまった。そこへネズミが数匹、枕元で騒ぐ。先生カンシャクをおこして陶製の枕を投げつけたが、ネズミは逃げ、あとに壊れた枕が残った。
?、破片の内側に何やら書いてある。読むと、「この枕の命数は卯の年の四月十四日の己の刻(午前十時)に尽き、ネズミをみて割れる」と読める。
 枕にも命数があるのか ―― それにしてもこの予言を書きつけたのは如何なる人物か?

 陶枕の工場を訪ねた。すると職工の一人がいう。
 「むかし、ここで一人の老人が休息しておいででしたが、手には周易の本をお持ちでした。枕の文字はおそらくこの老人が書いたのでしょう。それからかなり時がたちますが、私はこの老人の住居を知っておりますから、訪ねてごらんになっては?」
 尋ねると家人が出てきた。
 「先年亡くなりましたが、遺書がのこってございましてお預かりするとき、これこれの年月日に一人の秀才がおいでになるからこの書物をさしあげてくれるように、その人こそわが身の後事を厚く取り計らって下さる人だから、とございます」という。受け取ってみると易書。そこでさっそくこの書に説く手法で占ったところ、この家の下には白金が埋めてあり、それはこの老人を弔う金とのこと。これを家人へ告げて調べさせるとはたしてその通りであったから、この易書をもらい受けて帰り深く研究すると、卜筮を用いることなく吉凶の理を知り得る妙法であった。その後、梅をみているとき二羽のスズメが枝を争う変事があり、これを占うと翌日の夕刻に隣家の娘が梅の枝を折ろうとして樹から落ち、脚を傷つけると出た。これも寸分たがわず。以後邵康節の占術を「梅花心易」また「観梅の数」とか呼ぶ。
※近刊案内 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
  (販売中)『美術カレンダー』(限定出版)  剣者野中日文の筆のすさび
                 ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (150) 手相 

骨相に入るものに「手相」がある。手相といえば掌の紋理や形状のことと思われているが、厳密には肩の付け根から爪の先までをいう。
手相については支那相法よりもギリシャに始まった西洋相法の方がはるかに精緻だが、手相はあくまでも骨相の一部。本人の性格、労働の適性、および一代の栄枯盛衰を察する手段なのであって、いま直面している案件の吉凶を断ずるものとは性格がちがう。

アルベンチグニーの分類法
フランスの手相家アルベンチグニーは、人間の手を八種類に分けている。そのうち七種はそれぞれの特質をもっているが、残りの一種は何の特質ももっていないと称して、次のように分類している。
1、掌長く、肉の痩せたもの ――臆病で才智に乏しく、徳義心が浅い
 2、掌厚く、肉の肥えたもの ――知能低く、残忍
 3、掌の窪みの深いもの ――不幸。失敗も多い
 4、指の関節が低く、平滑なるもの ――感動しやすく軽卒 数理性や創作性には乏しいが如才なく、人前をうまく取り繕う
5、指の関節が高いもの ――二種あるが、上部関節の高いものは調和を好む理想家 リクツ屋で計数性が発達、秩序をこのみ風雅心が乏しい。これを哲学者の指と呼ぶ。下部関節の高い者は屁理屈屋。神佛など、眼に見えないものはいっさい信じない。
6、指の長い者 ――繊細。万事に周到。長い指で上部関節が高ければ猜疑心が深くて大局を忘れ、臆病でいて危険な粉飾を企てる。
7、指の短いもの ――決断が早く行動は迅速。しかし指が極端に長いと残忍。関節が高ければ計数性と迅速性が相和して投機に長ずる。
  要するに指の長い者は精密な仕事に適し、短い者は、思考は大局的で視野が広く、行動は迅速果断。
以上の性向は書風によく現われる。長指の者は細字が得意、短指の者は大字に長ずる。
8、以上のいずれにも属しないもの
 指の太いもの、指がよじれて爪の短いもの、掌の硬いもの、柔らかいもの、指が密着するもの、指だけが蝋細工のように美しいもの、四指に著しい隙間のあるもの、指先の尖ったもの等がこれに入るが、それぞれに固有の人格的な特徴がある。それを書きたいが、紙数が尽きた。またの機会に。

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (149) お狐さま 

(前回のつづき) 談話がひとまず終わって様々な質問に答えていると、参会者の一人で三十半ばの男が突然、
「私は以前蛇屋をやっていたことがあって、蛇類の習性はよく研究して知っていますが、××さんに憑くのは縞蛇ですよ、お憑りの時の××さんの動作は縞蛇そっくりです。たしかに縞蛇です」といわれたので一座どっと笑い崩れてしまった。

もうひとつ。こんどはキツネ。
昭和44年の六月、家を建てるための土地を購入するについての相談でみえた48歳の婦人。みると前額部の該当部位に買地建築についての迷いの相。その事を告げると、「じつは――」
ご近所の奥さんのお勧めで、お稲荷様のお言葉が聞けるという××教の教会へ行って伺ってもらいましたら、今年そんなことをしたらお前さんはこの秋までに死ぬぞといわれ、今年家を建てないとせっかく住金の抽選に当たったのがおじゃんになりますと訴えましたら、「ではもう一度うかがってみてあげる」とお婆さんが神前に合掌してから振り返り、
「ただいま伏見からわざわざ五人みえてござる。お一人様へ千円ずつ、併せて五千円お供えすれば、土地を買っても死なないように取り計らうぞよ」と。
それたけの持ち合わせがなかったので、主人とよく相談いたしましてといえに帰り、その事を話すと主人にさんざん叱られてしまいました。でも、どうもきらなりますので、ご相談に――とのこと。
その教会というのが師の鑑定所からさほど遠くなかったので、その婦人の案内で訪ねたところ、おりしも霊交の最中。老婆が神前に合掌し、信者(女性)たちが坐ったままの姿勢で膝を叩きながらピョンピョン跳び回っている。
ははあ――光線の具合のよいところに立って婆さんをみると、褐色の霊光が盛んに立ち昇っている。
「ほう、たくさんのキツネだ。しかしみんなザコだ」
突然婆さんがぶっ倒れて、霊光が消えた。跳び回っていた信者たちは放心状態――
帰り道に婦人によく説明し、すぐ土地を求められるよう勧めた。婦人はその秋死なれるどころか、木の香も新しい新居で上機嫌で暮らしておられる。
※新刊案内 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
    『美術カレンダー(部数限定)』―― 剣者野中日文の筆のすさび
              ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。