02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (139) 死(3) 

人は死ぬとどうなってゆくのか。地上に滞留している迷霊たちにも、子孫や縁者の追善供養などでやがて上昇のときがくる。そして一定の高位に復帰して宇宙霊体群の大中枢内にとどまる。
 宇宙に復帰した人霊は「座霊」と称して宇宙霊体群の中でさらに進化をつづけ、あるものは活動神として人界へ働きかけ、あるものは静坐神として非活動郭内で天界を遊行して永劫の安らぎに浸る。これが事実上の天国である。
 
ここで筆者自身の体験を語っておきたい。東京をきり上げて帰郷ののち、淡霞峡と命名した奥日向の山峡に独居して執筆と運剣の工夫に日を過ごしていた。夢に白髭を蓄えた小柄な老翁が現われた。「ホンジョ稲荷じゃ。その方の日常、見ておるぞよ。それでよろしい」。
 この「ホンジョ稲荷」を筆者、江戸の「本所稲荷」と解釈した。
いまの東京の本所に稲荷神社があるかどうかは知らない。東京の知人に尋ねてもいないが、あるときここ(宮崎の西都市)からさほど遠くもない国富町に寄り道したとき、金物屋のとなりに「本庄稲荷」の赤い鳥居が見える。? 入ってみると大杉のわきに稲荷神社がある。そして何と、「剣」にゆかりのあるお宮である。調べてみるとこの国富町にはかつて小柄な剣客がいた。逸話もいくつか残っている。それだけの事なんだが、没後に人界の有縁の者を支援するという上記の「活動神」とはおそらくこのような存在なのだろう。この種の体験はほかにもいくつかある。閑話休題。活動郭内にとどまった「活動神」たちは、我々が放我の状態で理性活動を行なっているとき我々を支援しながら自己の経験智を蓄積するわけだが、こうした固体浸透をくりかえす事によって活動神自身もあらゆる知識を吸収してゆく。と同時に宇宙の万物に作用し、地球上の全生物へも浸透してこれらを慈育する。中でも人に作用するときは、まず各界の指導者層へ浸透してその理性意識との同調を行ない、その人々の能力を調整しようとつとめる。
 これが守護の神霊なのだが、無自覚な者は電性意識(自我意識)の跳梁を自制できないから大先輩の折角の支援を遮断する。
 もし我々が感情衝動を放置することなく、たとえば仕事に集中しているときなど、いつもは思いつきもしない事や、できるはずもない仕事をやってのけることがあるのは、その大半は霊界の大先輩の支援と思ってよい。
※近刊予告 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 (予約受付中)
                ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (138) 死(2) 

くり返すが、簡単にいうと死とは耐用年数の尽きた肉体と不滅な霊魂との分離である。この「霊魂」とは人の場合、知的な理性意識が約六割、のこる約四割が感情衝動の電性意識。この二つは母体から受け継いだものだが、これに常時固体活動を調整している宇宙意識が誕生時に加わる。
不自然死の場合も、死の転機に際して人霊がその生存中に強烈な怨恨か執着をもった記憶意思の粒子をそのまま抱いて脱出する場合がある。
 この場合の脱出霊体は電性意識がその主導体となっているから、重量が自然死の場合よりも重い。地上との縁が切れずに残っているからである。なるほど筆者も空を飛ぶ夢はみるが山を越すのにも苦労する。大先輩の久米の仙人も洗濯女の白い脚に気をとられて落ちた――おっと、筆がすべった。霊にも体重がある。上昇には身を軽くしておく必要がある。身を軽くするにはしばらく宇宙意識力の緩やかな接地層に浮遊して意識を浄化しなればならないが、その滞留中に再び地上での固体活動を支配していた宇宙意識との交流をはじめ、徐々にその浸透吸引作用をうけ、自分でもこれに呼応して吸引と排斥の運動を続けるために上昇力を失い、雨戸などの遮蔽物か、または空気密度の異常層に往々その幽体を現わす。
 この幽体は自分が執着したり恨んだりしている相手のみに浸透するから相手の感覚器官だけに感ぜられるもので、無関係の者の感官には映らない。
 この霊体が人の姿をとるのは、その霊体の生前の習性による。これが世に幽霊と呼ばれるもので、この現象は執着、怨恨などの電性意識の作用による。
 
 またこの種の不自然死による脱出霊体は接地層滞留中に動物霊にとり憑かれることがあり、人間の高級な意識物質で動物霊の凝集度を高めてしまって知性の低い霊媒屋などに利用され、人の世に少なからぬ害毒を流すことになる。こうなると上昇の時期はいよいよ遅れ、世にいう「宙に迷う」て浮かばれない状態に陥る。
 生前に電性意識を増長させることは、死後にはこのような不幸をみなければならない。およそ電性意識の異常興奮――言い換えれば一切の罪悪のもとである我執や偏見、具体的には憤怒、憎悪、嫉妬、羨望、不安恐怖、誹謗中傷、煩悶、憂愁などは理性意識の昂揚によって生前にこれを清算しておく必要のある事がわかる。
※近刊予告 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学
             ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (137) 死 

「死」とは新しい生
 死ねば終わりと思っている者がまだいるが、「死」は消滅ではない。そもそも人とは肉体ではない。人は「霊」。肉体とは霊の家。耐用年数がある。
 人霊が地上での学習を卒業して、不自由な肉体を脱いで新しい世界へ移るのが「死」。
人を神道では「神のわけみたま(分魂)」と呼び、また支那の仙道では「宇宙体霊」とも「活動神」とも呼ぶが、刑務所にも似た地上での刑期をなんとか務め上げたら、「もうもどってくるなよ」と看守たちに釈放されるのである。
地上での学習とは何か。一言でいえば「不如意」(不自由)の体験。具体的には「恐怖」や「悲嘆」の体験だが、では恐怖や悲嘆を味わうと我々は何を学びとれるのか?
感情衝動の制御と理知の昂揚である。理知が育つとどんな良い事があるのか? 自我意識が弱くなるから身が軽くなる。「利他愛」を体得すると、もっと軽くなって飛翔が可能になる。キリスト教でも同じことをいうようだが、仙道ではこの自我意識(感情衝動)を「電性意識」と呼ぶ。これを天・地・人の垂直軸で考えると面白い。理性意識は天への道。悲嘆や恐怖は地獄への道。
 
 電性意識跳梁の弊害
 以上は自然死の場合だが、では事故死などの場合はどういう事になるのか?
 自然死では宇宙意識とつねに交流している人霊(宇宙体霊)は昇天に必用なものを吸収して固体から離脱するが、不自然死の場合は昇天に必用なものをみんな集める時間的余裕がなく、残余の意識はついに主意識と分離してしまい、固体の全死を待ってやや遅れて離脱することになる。
 新しい戦場や、がけ崩れや、列車事故などが起きて死人が出た場所などに迷霊がさまようという話はこの分裂霊の滞留現象のことだが、草木を切って生け華に使い、接ぎ木などで樹木の部分的生命を維持する技巧とは霊の分裂現象を活用したものである。
 人の場合の分裂霊もやがて宇宙界では集霊を全うして浄化へ移行するのであって、自然死の場合よりも座霊 (霊界での独立霊) に達するまでの時間が遅れるだけである。永遠の迷霊などというものは存在しないが、残された者たちの、たとえば命日などに燈明を立てて華を供え、経文を唱えるという行事にはそれなりの効果はある。
※近刊予告 『予知』(予約受付中)  ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 (136) 仙人とは 

『武道の礼儀作法』と『武士道と武道』の英訳出版に目途がつき、書斎を整理していて玄通子伝の「相道」関連の資料が出てきた。五千言坊玄通子は筆者の仙道の師である。関東にいたころ、ノ―トはずいぶんとらせてもらい録音もかなりの分量になるが、相術とはこんなにも奥の深いものだったのか! いま、あらためて息をのむ思いがある。
 だが小生の場合、五千言坊への師事の目的はハッキリ言って相術ではなく、仙人たちが行なったという「飛翔」や「神游」の方だった。観相の方には酔漢たちが行き交う街角の人相見の姿への連想があって、武道はともあれ相術に対しては「わが道ではない」と少し距離を置いていた。
 人相見たちの旗印である「除災招福」――いかにも形而下の――精神貴族たちの蔑視を招きそうな現金な目的だが、しかしそれは上っ面の印象にすぎない。
 人の身心とは内なる宇宙。相士とは内なる宇宙の飛行士。「神游」も「飛翔」もすべてこの中に入るのである。霊眼が開けて「気色」が見えなければ「神游」も「飛翔」も無理。今よくわかる。
 相術の「除災招福」とは、無時空の世界での人生軌道の修正作業。形而上も形而下もない。人相見が賤業かどうかは相術の本質とは無関係。
 軍神孫子いわく、彼を知り我を知れば百戦殆うからず。人生がすべて戦いであるかどうかはともあれ、相術の実用性とは彼を知り我を知って無用のゴタゴタを起こさないことである。
 医療についていえば、視野の広さにおいても、また深さにおいても、相術とはセリエ教授のストレス説をはるかに凌ぐ忘れられた古代病理学。
 また「予知」についていえば、相術とは量子論と同次元の「時空」の否定。アレキシスカレルは『人、この未知なるもの』でノーベル賞を受けたが、人とは今もなお未知なる小宇宙。認識論に関しては大脳生理学はまだ見るべき成果を上げていない。
 相術の濫觴である古代支那の麻衣道人が遺した秘術は、いまや人類を裨益する忘れられた開運の科学である。不肖ながらそれを幸運にも五千言坊師に伝えられた筆者には、この秘伝を私蔵することは許されない。散逸を避けるために師伝として一冊に編集し直し、若干の解説を加えて公開する。
 骨相だけなら簡略ながら市販もされているが、秘伝とされる「気色相法」をこのレベルまで文字にしたものは現在、内外ともに本書しかないはずである。
※近刊予告 『予知』――いま甦る古代支那の開運の科学 (予約受付中)
                ヘッドライト大阪 (06・6609・9750)

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。