05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 100 文武両道 

現代人にとって武道とはなにか?
ケガも死亡事故もOKのスポーツだというのなら、まあよい。だがスポーツでは中学生たち必修科目としての大義名分は立たない。義務教育の場で学ばせるためには、タテマエとしてでも「武道」でなければならない。それも「時代性」のある武道でなければならない。
現代とは、スポーツとしてならともあれ柔道や剣道の技をそのままの形で使える時代ではない。 
人とは牙や爪で戦う生き物ではない。現代の戦力とは「火力」である。マシンガンやミサイルはまだ立派に通用する。
だが、それを使いこなすのは最終的には知力、またその種の火力とは最後の手段、できれば使わずにすませたい。孫子も「戦わずに勝つのがいちばん儲かる」といっている。
そりゃそうだろうよ、孫子にお伺いをたてるまでもないことだ、コストもリスクもゼロで相手さんのシェアがまるごと戴けるならそれにこしたうまい話はない。

まあジョークはともあれマジメな話、現代の武道がもつ実用性とは結局、「知」の戦力化だろう。
むろん火力戦も否定できないことは、最近ではカダフィを追い詰めたのも火力である。
たしかに火力には有無を言わせない力がある。だが平均的な市民は、いつもミサイルや小銃でドンパチやっているわけではない。ビジネスとは「力」の勝負だとはいっても、その戦いとは火力ではなく「知力」の勝負のはずだ。
文武両道というが、「文」と「武」は底の方でつながっている。二つをつないでいるのがコスト意識だろう。「火力」の戦いは、本音ではだれでも避けたい。激突すれば人が死ぬ。カネもかかる。
♪ 鞭声粛々、夜河を渡る 暁に見る千兵の大牙を擁するを の武田信玄と上杉謙信との川中島の戦いの場合も、実際は河を隔ててのにらみ合いだったようだ。そうだろうなと思う。

太平洋作戦での井上成美がこの種の「知将」だった。井上はアメリカとの勝負に勝ち目はないと思っていた。
国を滅ぼしたのは脳ミソまで筋肉化した「強がり」どもである。子供っぽいただの「強がり」で脳ミソまで筋肉化していた。
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化95  葦津珍彦 

昭和の北畠親房と評される人物。合気道の本部道場に入会してまもなく、筆者に鎌倉の葦津先生に逢っておけとしきりに勧める先輩がいた。理由はよくわからなかったが、しきりに勧めるので、訪ねた。
初対面の挨拶の後、「君は何をしていますか?」 「武道を学んでおります」
するとご自身も東京の瀧ノ川の国井道場へかよったことがあるといわれる。
「剣術の稽古に?」 そうではなかった。「鹿島真流」をなのる国井という男の稽古ぶりを見ていると、「この男、刃物では無理。拳銃でも不安が残る。さて、どうしものか――」国井善哉退治法の研究のためにしばらくかよったが、7日間て解決したという。
解決した、といわれるとその「解決法」が聴きたい。訊いてみた。
「なあに、ガスをつかえばいいと気がついたんですよ」
茫然とした。つぎに「なるほど」と思った。

これが、一介の剣客と戦略家との差。「競技武道」などの出る幕はない。
視野がいっぺんに拡大した。
のちに鉄舟会の大森曹玄にこの事を報告すると、大森は「彼、さいきん頭角を露わしましたね」と。やはり存在を意識していた。行動をともにすることはなかったようだが、肝胆相照らす仲だったらしい。
大森は関東軍の満州事変に世界大戦への拡大を予見、時の近衛総理を説いて政策の転換を進言したが、用いられず、皇道派の青年将校たちを支援して昭和維新を企てた人物。
皇道派の青年将校たちの裏には周知のように北一輝がいるが、北との接触については何も聞いていない。車の中でその周辺へ話がおよんだこともあったが、当時の筆者には武道のほかには興味がなく、そのまま中年を迎え、いま老境にいる。筆者はもともと政治や経済の世界の動きには無関心、話の流れで満州事変へまで筆がおよんだが、際限がないからこのあたりでやめておく。
 
大森は葦津と行動を共にする事はなかったようだが、肝胆相照らす仲ではあったらしい。あらためて写真の葦津の風貌を眺めてみると、眼のあたりに大森に似通うものがある。大森の鉄舟会の存在を筆者に告げたのは東洋大の中哲に同席していた妻だが、妻もやはり眼のあたりがどことなく似ているという。
のちに葦津の著作の中に、福元日南の「のちの世に語り継がれずまつられず、さらす屍のみやびなるかな」の一首があることを知り、この一首を採り上げているのが葦津と知って、葦津の著作を通読した。大森との出会いといい、葦津との出会いといい、なにか運命的なものを感じる。

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 99  花鳥風月 

テレビはとうの昔に捨てたが、NHKのラジオ深夜便は無聊のなぐさめ、つまりヒマつぶしに時々は聴いていた。
まあピアノ、ドラム、ベースの競演(ジャズ)などには今も気は動くが、しかしNHKさんの深夜便、もうどうでもいい。
歌も、踊りもむしろ邪魔。このごろの落語はつまらん。「間(マ)もへちまもない、ただの「しゃべくり」でしかない。ディナーも、酒も、無聊のなぐさめにはならん。むしろ横になって雨や風の音に耳をあずけていたい。
つまり小生、老いたのである。ときどきは十八歳のワルガキにもどるが、それが「若年寄」なのかどうは他人が考えること。
先日、インタネットで越前海岸の水仙の群落をみた。
横になって眼を閉じれば、いまも魂は越前の浜辺で遊んでいる。海鳴りに加えてほのかに水仙の香りさえ漂う。
電脳のわきに、新聞から切り抜いた霧島山の遠望の写真がある。奥に霧島の霊峰。手前に、利休ねずみの朝霧の底に深紅のツツジの群落。
仕事に区切りをつけ、書斎を出て寝台へ横になって眼をとじると、この霧島の遠望がしずかに目の前にひろがる。越前の浜の水仙の群落がこんなふうだが、いまの筆者にとって観光旅行はこれだけで十分。歌も踊りも無用。
老いるとみんなこうなるのかどうか、おそらく人それぞれなのだろうが、しかし「雪月花」とか「花鳥風月」の句を古人が遺してくれているのは、おおむね人は老いとともに人為の世界から自然の懐へと帰って行くということだろう。

千里の砂漠を駆け抜け、万里の波涛をこえて旧知のところへ向かう白い狼のことを書いたと思うが、旧友はむろん懐かしい。逢いたい相手でもある。しかし、やがてはそれさえも朝霧の彼方へかすんでゆくのではなかろうか?
つまり「雪月花」とか「花鳥風月」の世界とは、我々が人間であることを廃業して雪月花を相手に遊ぶ、いずれそんな日が来るということの予告ではないだろうか?
――筆者はいま、いったい誰を相手にこんな文字を連ねているのだろう? むろん読んでくれている諸兄姉を相手に電脳の鍵盤を左右の指先で叩いているのだが、しかしこれも結局のところは筆者の独り言にすぎない。
まあいい。あと3行ほどのスペースが残っている。独り言ついでにもう少し。
筆者を育ててくれた、恩師と呼ぶべき人は数人いた。もうみんなこの世にはいないが、それらの恩師たちには筆者は結局、不肖の後進である。恩師方の教導に酬いる機会は、もうない。筆者にはもう「師」はいない。淋しい。

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化 98  白洲次郎 

ケンブリッジ大に学び、英国仕込みの紳士道を身につけ、日本ではじめてジーンズをはきこなし、「日本一カッコいい男」との人気をほしいままにした白州次郎。太平洋戦の当初に敗戦を予見。都下の鶴川村に隠棲して田畑を耕し、外務省の吉田茂に眼をつけられて懐刀としてGHQと互角に斬り結び、GHQをして「従順ならざるただ一人の日本人」と言わしめた白州次郎。
また当時の白州の仕事ぶりを描いた最近の映画作品で、すらりとした長身に「えぐさ、渋さ、甘さの三つを兼ね備えた、年代物の高級ワインのような味わいの男」と、評論家にこれ以上はない賛辞を捧げさせた白州次郎。
白州の場合はこれに政治力という「切れ味」が加わるのである。
激動の昭和史を駆け抜けた一陣の疾風のような、憎いほどの男ぶりだが、この白州が東海村の原発導入に動いている。白州よ、お前もか。これはおそらく筆者だけの思いではないはずだ。
だが、今回の原発事故を当時の誰が予見し得たろう。
むろん湯川教授など数人には見えていた。白州の肩をもつ気はまったくないが、湯川教授は象牙の塔の中の研究者。白州は、身を汚す仕事をのがれるわけにはいかない政界の切れ者。
むろん筆者はトシとって剣の重さに耐えかね、剣をペンに持ち替えただけの、まあ一種の評論家。言い逃れならお手のもの。後知恵で白州を批判してみてもはじまらないのだが、しかしさきに原発推進の現代の実力者たちに自決を勧めておいて白州次郎を例外あつかいしたら、読者諸兄姉に嗤われることだけはハッキリしている。
筆者の剣と禅の師である大森曹玄は、ハワイの真珠湾での攻防の跡に立って日本軍の戦闘を称えた。この賞賛、むろん文句をつけようと思えばいくらでもつくが、大森は無謀な真珠湾攻撃を称えたのではない。称えたのは大敵を相手にしての日本軍の将兵たちの果敢な攻撃を称えたのである。
将兵たちの敢闘を称えたい師の胸中は門人として痛いほどよくわかる。だが、師の胸中の想いとはいわば「武士の情」とでもいうべきもの。国を滅ぼし、無辜を路頭に迷わせた軍部の罪がそれで消えるわけではなかろう。
師は太平洋戦への傾斜を予見して近衛総理に政策の変更を進言した人。たとえ日本軍の果敢な攻撃を称えるにしても、日本は真珠湾のあとのミッドウェイでは戦闘の基本を誤って惨敗。ついには国を滅ぼした。白州次郎の場合も多くの無辜から家を奪い、先祖伝来の土地を奪っている。吉田外相の懐刀としての切れ味はむろん白州の独壇場。たぶん当時、白州のほかにはだれもいなかった。白州次郎という切れ者は結局、日本のために何をしたのか?

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。