03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

号外 武道の「言語化」 

エンプティネスミニスタ  中曽根総理のころ国会に、「ミッチー」のニックネームで知られる渡辺美智雄という閣僚がいた。当意即妙な云いまわしをする人で、中でも野党の選挙用の公約を魚を釣り上げるだけが目的の毛針に例えた「毛針発言」など、ちょっと余人にはマネできない絶妙の比喩というべきだろう。もっとも親分の中曽根総理にも「政治家に倫理を求めるのは八百屋に魚を買いに行くようなものだ」という野党へ「北陸じゃあ八百屋でもサバの干物を売ってるよ」と応じて喝采を受けるようなしたたかなところがあったが、大平正芳氏など渡辺ミッチーを、「こんなこみいった問題を、彼はどうしてあんなにうまく即妙な簡単な言葉に直せるのかなあ」と感心しきりだった。しかし、ミッチーには失敗例も多い。
外相の時だったと思う、東南アジア――だったかで、日本文化を紹介するつもりで般若心経の「色即是空」を――まったく、よく知らないのなら持ち出さなけりゃいい、「カラ―・イズ・スカイ スカイ・イズ・カラ― とやらかした。
聞いてる者はみんなキョトンとしていたという。そりゃあそうだろうよ。
あの一件で彼すっかり器量をさげたが、しかしこんな事でメゲていては政治家はつとまらない。「あれはまずかったですよ、空、にはカラ―じゃなくエンプティネスのほうがいい」と教えた若手がいたが、これをしばらくしてやってきた、「鉄の女」と呼ばれるイギリスのサッチャー女史へすぐ使って、またひと騒ぎあった。「あれは間違い、ほんとはエンプティネス」と訂正したから、鉄の女、以後ミッチーと出会うと親しみをこめて、「オ―、エンプティネスミニスタ」。そばにいたのがこれをその場で「空っぽ大臣」と、これがまた妙に説得力のある翻訳だったと新聞は報じていた。

 武道の言語化と行動化  時代がこれを要求している。孫子のいう、「彼を知り我を知れば百戦不殆」の「彼を知る」とは、武道でいえば現代という時代を知ること。「我を知る」とは、時代に対する自分のピンボケに気付くこと。
武道の言語化とは、「武道の本質は危険に対する感度」と言語化し、「時代が求める即戦力とは戦力化された知」と言語化すること。
行動化とは、たとえば「視野」、「情報処理」、「間合い」、「居着き」などの武道の心得を、小学校から大学まで「危険学」としての武道の講座を用意して、少子時代の受講者を集め、「これが現代の日本武道」と世界へ発信すること。
『孫子』は春秋時代の戦略家である。彼の言葉とは戦闘の言語化なのだが、けっして骨董品にはならない。骨董品になっているのは現代の日本武道。脳ミソまで筋肉化した武道人は「トレーナーを着たゴリラ」と言語化されている。 
スポンサーサイト

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

行動文化91 それがどうした 

小生、日向の国は高鍋の、長谷村の産である いつどこで誰が言ったのか、わが日向は「文化果つるの国」だそうだが、それがどうした 
日向は昔も今も貧しい国である 農業のほかにはこれといった産業がない サルとヒトとが半々にすんでいると書かれたことがある
安い物しか買えないから芸術は育たない 仕事もない 有為の青年たちはみんな外へ出る 残っているのは青い空と海
わずかに残っている男たちが、車座でイモ焼酎をあおりながら、
「どうしてわが日向には手ごたえのある男がおらんのか」
答えていわく、
「神武天皇の東征が原因じゃ 屈強な男は神武さんがぼーど連れちはっちきゃった」
「そりゃあ大昔んこっちゃがよ 西郷いっさ(西南の役) が祟っちょっとよ 田原坂かりゃ一人も戻っちゃこざった」
なるほどと思っていると、
「ちがうちがう 神武さんでん西郷さあでんなか 太平洋戦よ いま残っちょっとはみーんなイモガラボクト(みかけだおし)、グワンタレ(くず)ばっかりじゃ」
クズはおだやかではないがこの意見、当たっていなくもない 
かなり前の事だがNHK宮崎の女性だけの文化講座に出講したことがある ここで先ほどの宮崎には男らしい男がいないという話を持ち出した すると打てば響くように若い美人が挙手、発言を求めた 「どうぞ」 「わたくし、全く同感でございます 宮崎では結婚したいような男性には出合えません わたくし生涯独り身で通しますっ!」
小生かつて「宮崎型不作法の構造」というコラムを地元紙へ書かせてもらったが、日向人はこの種の直言をよろこばない 地元への悪口と受け取られ一年間がやっとだった しかし中には「よくぞ書いてくれた」と手を叩いた連中もいた 今もあれを覚えていて、「おまえ、なし(どうして)途中でやめたか!」続きを書けとけしかける 地元の放送局にも勝手に小生の出演をきめて、日程まで言ってきた局がある ラジオなら受けたかもしれないが小生、テレビはどうも苦手 せっかくだが――本題へもどろう
宮崎には「人」がいない? 陸の孤島? それがどうした
文化? ファッション? コンサート? なにをいうちょるか 
そんなものがないことこそが日向の売りもの 小生は日向の風土を愛でる者である 悪口など書くもんか こんな宮崎がおイヤなら皆さん東京かパリへどうぞ 小生、誰もいない日向の大地に素っ裸でヘソをおてんとさまへ向けて昼寝ができる ▲▲

テーマ: 文明・文化&思想

ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。