03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (47) 蒋介石の人格・蒋介石 周恩来 田中角栄 

 蒋介石の人格  小論の(44)で、暴風の海を小舟で台湾へ渡って蒋介石の恩義に報いた根本中将の事を書いたら、数人から反論があった 

台湾の228白色テロ事件を知らんのか? 知ってるよ 気持ちはわかるが、小生が興味を持ったのは根本中将の行動だよ 蒋介石の人柄にはとくに関心はない どうでもいいことだ 


蒋介石についてはその思想も行動も論評の限りではないが、一言だけいっておけば蒋介石は軍人 武芸者を含めて軍人とは修羅界の生き物だよ 道徳家でもなけりゃ説教坊主でもない その点では小生も同じことだ


古来、戦場とは書斎でも社交場でもない 手にするのは人を殺す道具 「勝つ」事だけが意味をもつ、腹黒い謀略と血なまぐさい殺し合いの場だ  


しかしその戦場にも可憐な野バラが咲くように、まれに友情の涼風がたつことがある 男の涼しさというやつ (44)ではその一例をあげたまで 


蒋介石 周恩来 田中角栄


過去の日中国交回復交渉の場に、「蒋介石」の名が登場するが御存じか


周恩来はこの席で田中首相(当時)に対して、賠償要求権の放棄」を申し出た 


これは先方としては精いっぱいの誠意と譲歩だった 周恩来はこの賠償要求権放棄を中国人民に納得させるために、かなりの無理をしていた


その努力に感謝するでもなく田中さん、「あ、その件ならもう蒋介石氏との間で了承済み」と応じた 周恩来は明らかに鼻白んだが外交音痴の日本側には通じない この交渉は徹底してひどい交渉だった  

この席でまず田中さんは「過去には多大の御迷惑を」と切り出したが、この「御迷惑」を中国側の通訳が「麻煩(マーファン) と中国側に伝えた 事前の打ち合わせもしていない 「麻煩」とは、日本語では「お手数かけました」といった程度のごく軽い謝罪である この時の周氏の表情をテレビカメラが捉えている キッとした目で田中さんを見た 今も目に焼き付いている その次が「蒋介石」という順だが、おりしも蒋介石と周恩来は「一つの中国」路線で対立中 「その件なら蒋さんとの間で了承済み」はなかろう これだけで決裂ものだが、別れに際して田中さん、よせばいいのに周氏へ、「国交途絶幾星霜」云々の、漢詩のつもりの無学丸出しの駄文を献じた これに対する周氏の答礼が、「言必信行必果」の六文字 これは日本総理への揶揄である 「言葉は誠実、行動は果断」一見ホメ言葉のようだが、論語にはこの後へ「硜硜然小人哉」(石頭の三流人)と続く 底意は、(わかるかな? わかんねえだろうな お前さんにはこの揶揄は通じまい) 周恩来、にこやかにこれを手渡した やんぬるかな田中角栄 無残なり日本総理 周恩来の言葉の毒に、最後まで気がついていない
スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。