12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (31) 借金の抵当として、「首」を二つ 

 借金の抵当として、「首」を二つ

「一面識もない青二歳の僕に、貴殿方ご両人はいったい何を感じて徹夜までして金策を賜ったのか 念のために承っておきたい」


すると佐々が、「君を信ずるところがあってのことだ 将来の交際上の心得のために、何らかの誓約を聞かせてもらえるか」


「将来の交誼の事は、僕は長生きできぬと思うからお断りする しかし借金には世の習いとして抵当なり約定が要る 貴殿方は僕を信ずると言ってくれた 僕の方も抵当物件として、それに見合う信義の証しを提供することを誓おう」


――?? 佐々は、判断しかねる


「信義の証しとは、ほかでもない 首だ これを二つ約束しておく 入用の時はいつでも要求したまえ その一つは僕の首 もう一つは某大官(伊藤)の首だ」――これ以上の抵当物件はなかろう、というのである このとき明治17年 杉山茂丸21歳 伊藤博文暗殺のための上京費用は、こうして調達された


さて杉山茂丸、上京して山岡鉄舟に接触、伊藤への紹介状を書かせることに成功した 鐡舟もよく応じたと思うが、鐡舟もまた維新戦役では単騎静岡へ乗り込んで西郷との談判を果たしている 茂丸を無下には退けなかった 


書いて持たせた紹介状には茂丸を、視野のせまい田舎者ではあるが死なせるには惜しい将来有為の青年だから、ともかく引見、言い分を聴いた上で訓戒してくれるように頼んでいる だが文末には、あるいは凶器を所持しているかも知れんから用心するようにと書き添えている 


こんな訪問者では伊藤としても薄気味は悪かったろうが、杉山は単細胞の壮士ではない 若年ながら知性派の志士である 伊藤に逢ってみて、田舎新聞や田舎慷慨の粗漫な扇動に踊らされていた事に気付いた 


頭山満との接触は、伊藤退治を断念したあとの事である 街頭での新聞売りで食いつないでいるとき、頭山の上京を知った 済々黌の佐々の配慮である


杉山は紀州フランネルの筒袖に草履、頭には英傑への礼儀と考えて、同宿の仲間から借り受けたシルクハットをかぶって、頭山の宿へ出かけた 


行ってみると、「御宿料十八銭前金」の張り紙のある、柱も鴨居も菱形にゆがんだ田中屋旅館の六畳間が、頭山の居室 縁の欠けた火鉢のそばに、五分刈り頭のショボ髭、人を射るような炯々たる眼光の、久留米絣の羽織の男がいた


頭山だった 杉山ほどの男が、威圧されて立ち竦んだ 頭山は開口一番、「かくまでにゆかしく咲きし山桜 惜しや盛りを散らす春雨」、死に急ぐな、と言った 伊藤博文が口にした言葉と同じだった 茂丸は政府要人の首狩り業の中止をきめた ▲▲  

スポンサーサイト

[edit]

行動文化 (30)杉山流借金術 (その2) 

 杉山流借金術 (その2)

杉山が済々黌に佐々を訪ねると、宿直室に薄汚れた筒袖の浴衣を着て、当時一銭三厘の弁当飯を一人でモソモソと食っている とても他人に資金援助のできそうな人物とは見えないが、薄汚れた筒っぽ袖や一銭三厘の弁当飯はどうでもよい 杉山は、佐々友房の社会的な信用に目をつけた


対坐して氏素性を名乗ると、まず時局談 語るうち、政界の藩閥横暴を怒る悲憤慷慨の志が一致をみた そこで用件 


「貴殿を男と見込んで、200円を借り受けたく推参つかまつった 承知か、不承知か 端的にお答え願いたい」佐々が驚いて、「僕は無一文 着たきりスズメのスカンピン、貴君の依頼には応じ難い」


茂丸深くうなづき、「ならば、あの軸をもらいたい」と、壁にかかっている藤田東湖筆の「三たび死を決して死せず」云々という石刷りを指さす


「よろしい 進呈しよう」


茂丸これを受け取ると、その場でバリバリと引き裂いた 佐々が色をなして、


「なにをする どういうつもりか?」


「さっきから目ざわりでならぬ」


「何が気に入らぬ?」


「貴殿を見そこのうた 藤田東湖何者ぞ 三たび死を決して、とあるが、男児の決すべき死は一度限りのもののはず 田原坂で死ぬべき身を、敵方の懲役にまで応じて恥とも思わぬ貴殿に自分の志を述べた事を深く後悔したから引き裂いた 異議があれば承ろう」と、真正面から目を据える


「――もっともの議論だ 僕はいま、君に向かって死生の事は論ずまい――君の宿泊先を聞いておきたい あらためて出向く」


 


翌朝、佐々は宿へやってきて、


「昨日、君と別れてから、どうしても君に必用のカネを用立てたくてたまらぬ 一晩中駆けまわってやっと百円こしらえた また高見という知人もこの話を聴いて、熊本人として君を素手で帰してはならぬ、足って足らんでもこれを用立てたいと、たった一幅の秘蔵の掛け軸を売って六十円を持って駆け付けてくれた 合わせて百六十円 貴君の希望には届かないが、これを使ってくれるか」と、二人の肥後モッコスが寝ずにつくった百六十円を差し出した


「ご貴殿方がそんな思いをしてこしらえてくれた金なら、五十円でも余りがある もともと二百円は予算の金額ではない 有難く頂戴する」


 そう言ってから、茂丸は改まった 杉山一流の筋論がはじまる

[edit]

行動文化 (29)  サムライ 

 処世の秘訣は、「借金」 

サムライ、という生き物がいる


ソロバンでは動かない 「意気」に感じて動く ソロバンもはじくが、意気()のためのソロバン玉しか弾かない そしてしばしば、命よりも「志」の方を大切にとりあつかう それも自分の命だけでなく、場合によっては他人の命も鴻毛より軽く取りあつかうから「テロリスト」などと呼ばれることがあるが、単なる殺人鬼との違いは、その心中の「天下国家」の有無である


昭和初期、博多の玄洋社の頭山満を支援して当時の政財界に出没し、日清日露の戦いを仕組んだ杉山茂丸という人物がいる


親は明治の廃藩置県で士分(馬廻り役)を離れた福岡県士族 その一子杉山茂丸 いずれの集団にも所属しない一人一党 徒手空拳、機略と度胸だけを武器に激動の時代を駆け抜けた一匹狼 頭山に資金源として炭鉱経営を勧めたのがこの人物 処世の秘訣とは借金なりと見きわめ、他人のカネを借りまくって仕事をした 本人はいつも裸一貫の無一文 借りても返せるあてはない そんな杉山に貸す方も貸す方だが、焦げ付いたらどうするのか


当然差し押さえがくるが、無いものは返せない 身柄は警察の鉄格子の中


すると取り巻きの連中が聞きつけて何とかする これを四十八年間続けた 


これが杉山流借金術の総論 当然「各論」があるわけだが、これは回を重ねるごとに複雑、かつ巧妙狡猾になってゆく すなわち日本型資本主義の発達の原型がこれ


 


杉山流借金術の実況


明治十三年、杉山茂丸十七歳 時の政府の「暴威」の実情視察のため上京


滞京一年、元凶は長藩の伊藤、井上、山県と見きわめて帰り、長閥政権の詐欺師どもを葬るのが先決と、二度目の上京を企てた


熊本に佐々友房という人物がいた 西南役田原坂の生き残り 西郷方一番隊長として参戦、負傷して捕えられ牢獄生活三年 出獄のあと、荒廃した熊本の教育行政をみて育英の道を志し、「同心学舎」という私塾を開講、のちに「済々黌」とした当時(明治25)三十一歳の教育者 杉山茂丸はこの佐々にカネを出させようと考えた 


佐々に狙いを定めた理由は、当時の杉山の周囲の人士の中で、時流に埋没せず空論に走らず、てっとり早く国家現在の問題に感度のありそうな者を佐々友房と見きわめたからである 以下、杉山の自伝にあたる『百魔』を軸とする資料によって、モンタージュ仕立てでその青年期の行動を眺める

[edit]

行動文化 (28)自裁」も「自決」もできぬ為政者は、追放せよ・「孟子」はアナーキズムの源流 朱子学は骨董品ではない 

 「自裁」も「自決」もできぬ為政者は、追放せよ

欧州には古来、「路上を走るのはドロボー」という行動の美学がある 


昨今は駅の構内での電車の乗降にも時間を気にして走る姿がみられるが、余裕を大切にする生活感覚を欧州はまだ失ってはいない 走りたくても走らない 


みっともないからである 軍人たちも將官階級は、一杯の茶を飲むのにも兵士たちが入るような店には入らない かりに入ったとしても、定額500円の紅茶には、要求されなくても千円を支払って出る 


「ノーブレスオブリージェ」と呼ばれるのがこれだが、庭掃除や車の運転などは自分ではせずに他人を使うという習慣は、中産階級の中にはまだ残っている 欧州人にとってこれはプライドにかかわる行動律である 民主主義の本家がこうなのだ


いま、その英国の財政が悪化している ギリシャの二の舞は避けたい 公務員の数と給与を削減しようとしている この手筋は読める 当然の措置だ


実質的にはすでに破産状態の日本ではどうか


民間には生活困窮者があふれている 


公務員をふくめて、民を安んじない為政者は為政者ではない 


礼記には、「礼は庶人に下らず 刑は大夫に上らず」とある 民には礼儀作法は要求しない、官僚には刑罰は加えない、の意 為政者は「自律」の君子 失政があれば「自裁」し、「自決」する 自決もできぬ為政者は追放してよろしい


 


「孟子」はアナーキズムの源流  朱子学は骨董品ではない


「礼」とは、人と人との間に引かれた線 「法」とは、人と野獣との間に引かれた線 欧州の「ノ―ブレスオブリージェ」とは、大衆と精神貴族との間に引かれた線 英国は民に危機のシワ寄せをする前に、「公僕」である公務員の減給と整理に手をつけようとしている 信無くんば立たず(「無信不立」) 政府が民の信任を失ったら革命あるのみ この成り行きに東西のちがいはない 英国は紳士たちの国 ノ-ブレスオブリージェは、まだ生きている 


孟子、というと体制側の思想だと思い込んでいる者が、まだいる 朱子学はなるほど山崎闇斎の崎門朱子学を徳川体制の学問所でも講じているが、崎門朱子学は「主君いのち」の忠犬武士道 本流ではない 朱子学の本流は「王道」を説く孟子の意見である 孟子によれば、世の中で一番エライのは民 その次が社稷(土地神と農作物の神) いちばん下にいて民を支えるのが君主の役目 それを行なわない主君とは、王者ではなく一介の下郎にすぎない 追放せよ これが孟子の王道論の各論としての「放伐論」である 朱子学は古いか?▲▲

[edit]

行動文化 (27)ダンディズムとは、「テレ」と「ハニカミ」のことだよ・おとなの子守歌 ヤマサキハコ 

 ダンディズムとは、「テレ」と「ハニカミ」のことだよ

タニムラシンジの「スバル」を聴いた 小生の莫逆の友、伊藤計良が死に際に歌った歌 それで覚えている


歌詞は悪くないが、タニムラの発声法が気に入らぬ 伊藤計良(漢方医・剣道屋)が気に入って、息をひきとるまで歌っていたと聞いたから、伊藤につきあうつもりで終わりまで聴いたが一一拙者のような人間はこの聲、生理的に受け付けぬ 小生一人が評価しなくても先方ではちっとも困らないだろうが、同じフォークでもボブ・ディランとは対極の発声法 ボブ・ディランを知ったのはラジオで聴いた「風に吹かれて」がきっかけだが、これならOK 文句なし タニムラの発声は小生、伊藤には悪いが、胃が受け付けない 


小生、詩吟や剣舞や軍歌で育った世代である 歌わなくとも吠えればよい


タニムラの聲とは、吟ずるのでも咆哮するのでもなく、泣き声だ 


生きてればいろんな目にあうよ 泣きたくても笑っているのが男 ヒゲは男の看板 ヤセガマンをやめるのは男廃業 男とは戦闘者 泣いていては戦えぬ  


彼の言い分 大切なのは母親と妻、つまり二人のカーチャンを愛する事だという ぬけぬけと そんな事お前さんに教えてもらわなくてもわかっちょる  


歌う、とは泣くことではない 狼のように「吠える」ものだ タニムラ、ダンディズムが嫌いのようだが、テレやハニカミもおぬし、嫌いか? 


 


おとなの子守唄 ヤマサキハコ


「スバル」とはプレアデス星団 人類の故郷とされる詩情の星 つまり歌の星 タニムラの、♪青白き頬のままで、我は往く――このタニムラの詩魂、悪くはない わが盟友伊藤計良は、遥かにさんざめくスバルへ帰って行った


フォーク歌謡にナギラケンイチという男がいる ラジオでマイクマキという歌手の、「バラが咲いた」に文句をつけていた ♪バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが 淋しかったボクの庭が 明るくなった――小学生の作文のようだと評していた 売れたんだからいいようなものの、詩としては、もっとましな詩を作る子供はいま、なんぼでもいる 風の音でも聴いていたほうがマシ


ヤマサキハコという歌手がいる ヤマサキはたぶん山崎だろうが、ハコとは何? 齒子なのか箱なのか――ちょっと判らんところに、とぼけた気分があって面白い 疎外された少女時代を背景に独特の世界を持っている 


なつかしい、大人の虚飾をみんなはぎとってしまう子守唄――淋しく、なつかしく、かなしい世界へ連れ戻されてしまう ヤバい なるべく聞かんようにしている。▲▲

[edit]

行動文化 (26) 合気道とは 

 武道は「見世物」ではない――合気道と力道山との勝負

古い話になるが、読売新聞の正力松太郎氏 が、合気道とプロレスの力道山との勝負を企てたことがある 昭和30年秋、日本橋の高島屋での合気道公開演武のあと、新宿若松町の本部へきて打診した 二代道主は、合気道は見世物ではなく自己錬成の「武道」であることを理由にことわった 


正力氏は当時、野球(読売ジャイアンツ)だけでなく、プロレスの育成につとめていた 読売紙の全国紙体制を整え、テレビ放送予備免許を取得して「日本テレビ放送網」を発足させたのが昭和27年 NHKのテレビ放送開始はその一年後の昭和283月 切れ者正力松太郎の面目躍如 読売の徹底的な大衆化作戦で先発の朝日、毎日に肉薄していた 


昭和29年、プロレスの力道山と柔道の木村正彦との「昭和の巌流島」のバトルショウの後、高島屋での合気道公開を見た正力氏は、力道山と合気道を闘わせたら面白かろうと合気道本部を訪れて二代道主を打診 道主が拒否したという成り行きである このあと正力氏は「試合をしない武道になど興味はない」と言い放っている 合気道本部にはこの事を知って「若先生! おれが力道とやりましょうか!」と申し出た者が何人もいたが、道主は許さなかった 


野中日文、今こそ若先生になり代わって申し上げる 合気道は他人の娯楽や好奇心や企業の営業政策には奉仕しない どうぞお間違えのないように 


バトルショウの始まりは黒人奴隷の殺し合いショウ 出演するかどうかは精神の位どりの問題である 我らの若がこんな話を受けるはずがないのだ


 


「謝礼」なのか? それとも「代金」なのか?


加賀の前田侯の執事が、合気道開祖植芝初代のところへ主人の謝礼を持参したことがあった 前田氏は当時合気道を学んでいた 袱紗包みを開いて熨斗袋を差し出したあと、恐る恐る「受領証を」と申し出ると、初代の顔色が変わった 「謝礼に受け取りを要求するとは何事か!」 執事は縮みあがった 脇にいた者が「先生 この人は使いとしてみえているのです お帰りになっての復命には領収書が必要なのです 私の方で出しておきましょうか?」 それもそうだと思ったらしく、怒りはそれで納まった 開祖はこの種の非礼を許さなかった 礼金は必ず神前に供え、入用の時は押し戴いて使った 「神様に戴いた」と言っていた 古来、縦軸の序列で維持されてきた武道の組織である これが崩れたら、その瞬間から道場経営とは単なるビジネスに変貌、師弟関係は「武道」とともに崩壊、自己主張が吹き荒れ、事務処理は複雑化して混乱する これをモラルハザードと呼ぶ 世界に冠たる日本武道の自滅の構造 ▲▲

[edit]

行動文化 (25)  武道と礼節 

 礼とは単なる慣習でもキマリでもない 記者が『武道の礼儀作法』を執筆した動機は、「礼に始まり礼に終わる」といわれる日本武道界に礼書が一冊もないというウソのような事実を知ったことである 武道の礼を説く資格が自分にあるかどうかを言っていられなくなった 柏樹社から初版を出したときに合気道二代道主から戴いた、小著の紹介文がある 次のようなものである

 


礼の原点を振り返る  合気道(二代)道主 植芝吉祥丸


道友野中日文さんが、この度『武道の礼儀作法』なる一書を著された。私にとって同君の著書は、二冊目であるが誠に分かりやすく坦々と書かれてあることに、非常な親しみを覚える。


昔、礼節の国と称せられ他国からも尊敬された日本は、今や礼を忘れた心なき集団とも言える状態である。然も、日本武道を修行しておられる人々の中にさえ礼に対する乱れは目に余るものを感じる。


日本民族最高の道徳律は、その第一歩を一身からにじみ出る礼節の法として、武道の中で大きく育てられ確立されてきたと言われている。従って礼を失った日本の武道は、空洞化された瓦礫に等しいと言われても致し方がない。正に私ともども武道人一層の奮起が望まれる昨今である。


そうした時に、野中日文さんによりこの書が出版された事は誠に時宜に適した意義深き快挙といえる。


この際、武道修行の心ともいわれる礼の原点を振り返る機会ともしながら、武道界と言わず広く、各方面の方々のご一読をおすすめする次第である。 


     ―――――――――――――――――――――


以上 いま合気道の主は三代目だが、記者に執筆を決意させた直接の動機は、宮崎で開催された日本武道全国大会(人間文化財の諸先生方も参加)での、床に投げ出してある木剣や棒杖をつま先ではねのけたり踏みつけたりして出場する武道人たちの姿である 記者、この時はさすがに天を仰いだ 発刊のあと合気道二代道主から戴いたのが上掲の推薦文 約100冊を全国の武道団体に「失礼とは存じますが、どうぞご清鑑を賜りますように」と趣意書を添えて拝呈した


答礼は、合気道界をふくめて6人を出なかった ほかはナシのつぶて 相手がよく見えていなかった 小著の内容については、手前みそになるがアマゾンのカスタマレビューの五つ星の評価とともに、市村翠雨氏(東京)の、「武道人は、礼をいわばルーチン化した習慣、あるいは観念論として扱っている事が多い――著者は礼を一つの行動科学として扱い、それが「術」として成立する事を論考」云々と、まことに簡にして正鵠を射た書評が出ている ▲▲ 

[edit]

行動文化 (24)  「武徳」 

 期待しない 応援を求めない

期待 なんと人間的な言葉であることだろう


期待し、イライラ、ハラハラしながら、ときに厳しく叱って若者たちの成長を見守る――なんと心温まる情景だろう


武道の試合場にも応援活動はある だが武道とはスポーツ競技ではない まして武道人とはアスリート(競技者)ではない いったい何が似合わないといって、「武」の世界ほど「期待」、「応援」という二文字の似合わない世界はない


戦いとは、「いたわり」や「思いやり」や「やさしさ」の対極にある闘争の世界である 勝海舟など敵はいてよいどころか、周囲はみな敵という状況こそが好ましいと言い放っている その方が肚もすわるし腰もきまるというわけだ


谷沢栄一氏は『人間通』で世界は敵意や策謀を軸に動いていると主張したが、人も国も「利」で動くとするのは兵法の人間観であり世界観である だからこそ人は、ソロバン抜きの情誼に出会うと、動揺する そしてこの人のためなら命もいらぬ、となる 命――時に泰山よりも重く、時に鴻毛よりも軽きもの


 


人は妖怪の一種


水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たち――人の本質を描けばあんなふうになる その辺にいくらでもいる グルメ妖怪、名誉妖怪、ゴルフ妖怪、好色妖怪、スピード妖怪――むろん、あいつも妖怪、こいつも妖怪と、谷間の竹やぶの中の小屋で紙くずに埋もれて意地の悪い眼を光らせて世間を眺めている記者自身も「文句妖怪」という一匹の妖怪 


だがそれはそれとして、いったい何のための人間妖怪論なのか?


最近ふと視点が変わったというだけで別に目的があっての言挙げではないが、しかし人を妖怪変化の一種と位置づけてみると、意外にそこには色々な実益が生まれる  


その第一 世間に対して感謝の気持ちが湧いてくる つまり、他人のわずかな親切に対しても、「よく気がついたなあ」と感心や感謝の気持ちが湧く 妖怪にしては上出来ではないか この意外感が感謝につながる


第二が、「失礼」にも腹が立たない 当然だろう 相手は妖怪なのだ 


第三、偽善から解放され、ウソをつかないでいられる 平素あまり紳士的に振る舞っているとたまの失敗にも非難の矢が集中するが、「妖怪」でいればごく稀に人の役に立っても周囲は感心し、感謝してくれる 性悪説の荀子は人の本質は悪だというが、それは善悪以前のある種の「いかがわしさ」である いかがわしくなかったら人ではない いかがわしくない奴は、あやしい ▲▲

[edit]

行動文化 (23)  それでも地球は動かない 

 「科学教」という新しい信仰 

新しい神「科学大明神」 進歩すればするほど、人に不安をもたらしたもう神 


その御託宣が、天動説に代わって登場した「地動説」 現代の迷信をさますために、ホントの事を書く 科学とは神ではない 我々の使用人にすぎない 


 地球――おっと、地球ではない、大地は、いまだかつて動いたことはありません 太陽は昔も今も東から昇ってきて、西へ沈む 尊いご神体として信仰を集めている紀州は那智の大瀧も、ヤタガラスが神武天皇を案内して国が定まってこの方、滝壺から天に向かって水が流れ上がったことは一度もない


記者が地球などというボールに乗っかって、コマみたいにグルグル回転しながら太陽の周囲を回っている? 冗談ではない そんな覚えはない 日輪が東海から出て西山に沈むのは毎日見ているが、小生はここを一歩も動いたことはありません これは本人が言うのだからまちがいない 


日輪の大きさとは――左様、直系およそ三十センチほどの光と熱の玉である


そう断定する根拠は、朝の太陽は、小生の書斎の窓から見えるオニグルミの枝の、ちょうどそれほどの隙間に、ぴったりとおさまる 小生の日課は、これを眺めながら悠然と朝の茶を飲むことから始まる 小生の許しもなく、身勝手な「天動説」でこの手順を壊すとは失敬百万、不埒千万 夕刻の月にしても同じこと 月とは小生にとって、夜の谷間の竹藪から窓越しに酒の相手をしてくれる、気のおけない友である 月までの距離よりも、隣家の方がよほど遠い


 


人生に「目的」など無用


我々は何のために生きているのか? 


知らぬが仏ともいう ガラにない事は考えない方が身のためだが、しかし江戸小話に次のようなのがある


ある冬の夜、寝ていた男が尿意を覚えて眼が覚めた 外へ出て用を足したいが、雨戸が凍りついて動かない ふと思いついて、小をかけて板戸をゆすり、また少しかけては動かし、苦労の末ようやく戸をあけて外へ出たが――はて、何の用もなし


この男、目的を手段として使い果たしてしまったのだ 「はて、――なんの用もなし」が笑わせる 


人を「勝ち組」と「負け組」に分ける価値観は貧しい 人の命の重さは地球の重さに等しい 無事これ貴人 無用に自分を卑しめるな 何もする事がなければ遊んでいたらよい ▲▲

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。