11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (22)  セクハラ上司は無能の証明 

 立場を利用し、弱みにつけこんで異性を支配しようとする、男としても、仕事師としても、教育者としても、無能の証拠だろうじゃないか

昨今は女性上司のセクハラもときどき耳にするが、まだまだ男性社会である男から「力」を差し引いたら何も残らない


人を相手にする場合の「力」にもいろいろある 知力、政治力、財力がここで問題にする「力」の内容だが、セクハラとはジェンダーギャップの次元のもめごとである 権力を背に、相手の足元をみて弱みにつけこむという手しか思いつかないような人間に、人間相手の仕事ができるものか


世人から「切れ者」と呼ばれる人たちがいる


新渡戸稲造の武士道論とは、日本の近代化の原動力になったのは武士道だという意見だが、従い難い 近代化のためには武士道は障碍にしかなっていない  


近代化をすすめたのは田沼意次と、小栗上野介と、関東関西の豪商たちである また思想としては、武士道ではなく石田梅岩の「心学」である なるほど小栗も田沼も身分は武士だが、両人とも本質は現代の企業家たちに通ずる経済官僚であって、人心の機微に通じている人間通であった 二人とも「武士」と呼ぶには違和感がつよい 力とは何か 武力か、それとも知力か、財力か 小栗も田沼も豪商たちとは肝胆相照らすものがあった


 


男なら、「それがどうした?」 女なら、「それで?」


聞いた話だが、ブラジルでは電話のベルで受話器をとると「あんた、だれ?」と訊いてくるという いや、受けた側ではなく、かけた側、つまり人を電話口に呼び出した側がこれをやる 日本人なら「電話とはかけた側の都合だから、こっちから名乗るのが順序」、と考える 世界は広い いろいろいらあな


床の間には花と、書軸と、香炉 机上には筆硯、厨房には酒、膝の上にはネコ これで日本人の暮らしの型がきまる すべてが所を得た、「安定」の姿


枕元には靴、天井からは裸電球、コンクリートの壁側には資料の山、床にはモーターバイク、仕事着のままで長椅子に仮眠、これは非常時の姿 このミスマッチの配置も、まんざら捨てたものではない 無常の世の中、いつ、何が起きても、これならすぐ動ける 肌触りのいいパジャマに羽毛の布団でないと眠れないのは平和ボケ こんなふうではどうしても尻が重くなる 応援団に囲まれ、賛辞に耳が慣れると人はふやけてしまう 悪口雑言、罵詈讒謗、何とでも言え 的を外さない、役に立つ悪口なら歓迎 のぼせをさますには効果的、いう事はそれだけか? 的を外していれば、「それがどうした」でかたづく ▲▲

スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。