10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

行動文化 (9)垂直思考・「自己満足」こそが、最終的な満足 


 垂直思考


 井ノ中ノ蛙、大海ヲ知ラズ サレド天ノ高キヲ知ル 


 つまりこれが垂直思考 


 アインシュタイン、時ノ歪ムヲ知ル サレド己レヲ知ラズ


 つまりこれが水平思考


 科学教の信者たちは怒るかもしれないが、科学の手法とは、認識の対象の分析と推論である 認識の主体すなわち自分自身については追究の手法をもたない もっともそれは古典物理の場合であって先端科学の量子論の場合は別だが、アインシュタインは量子論を受け入れず、客体論に終始した 


量子論の「観測者効果」とは主体論である アインシュタインの視野には人としての主体性の問題は入らない 愚按ずるに、「アインシュタイン」の本来の意味とは「私の主体性」である その彼自身にはちっともシュタイセイがない    


これを称して「羊頭狗肉」という 安岡正篤をまつまでもなく「知識」は「見識」となり、見識は「行動力」となり、行動は「結果」を得て終息するのだ 科学者といえどもこの行程に変わりはないが、科学者の水平思考には、天・地・人の垂直軸が立たないかぎり、死生観には解答は出ない 出ないどころか、科学という現代の神は、進歩すればするほど、人に「不安」を与えたまう 


 


「自己満足」こそが、最終的な満足


 「ウーマンリブ」華やかなりしころ、禅寺の老僧のところへ、そのリブの女闘士がやってきた 老僧を相手に、滔々と持論を述べること二時間 一段落したところへ、それまで黙って聴いていた老僧が、初めてものを言った 


「お前さん、なかなか牛のケツじゃのう」


 プロポーションをからかわれたの思った女闘士、柳眉を逆立てた


「牛のケツとは何事! 許しませんよ!」 老僧、あわてず、騒がず


「牛はモウじゃろう ケツは尻じゃろうが モウの尻でモノシリじゃ」


女闘士の「博学」をホメたのである この場合、「博学」とは、「お前さん、よくまあクダラナイ事をたくさん知っているなあ」ということ 


これだから禅坊主は油断がならない 禅では「抑下の卓上」というが、禅者がホメた時はケナしつけている時 ケナしつけている時は全面的な評価と支持

どうしてそんな事をするのか? ヘソ曲がり(つまこれは支持) だからである 全面支持の場合は安心してケナしつける 「自己満足」とは批判用語だが、エンターティナーならいざ知らず、肯心みずから許す自己満足を得ている者なら、金持ちケンカせず 他人に否定されてぐらつくような事はない ▲▲
スポンサーサイト

[edit]

行動文化 (8)  日本人は戦争向きにはできていない 

「数」の多いのがいいのなら、ウイルスの数がいちばん多い


ベストセラーにろくなものはないという意見がある ロクなものでないかどうかはともあれ、「超ベストセラー」とあれば倍倍効果で売れ行きにはずみがつく 『プラス思考』、『清貧の思想』、『バカの壁』――みんなそうだった    


何はともあれ体力あっての出版業である 売れなけれは自滅あるのみ


もう古い話になるが、本の売れ方について『室内』の山本夏彦氏いわく、八千部売れた本の場合、本物の読者はいいとこ五百で、あとは野次馬


売れてこその執筆と出版ではあるが、店頭に並んでいる本に代価を支払うのは読者であって、書き手でも版元でも評論家でもない


では、執筆も出版も市場性がすべてなのか? 「その通り」と居直る出版人にはまだ出逢っていないが、しかし姿勢はそれぞれ一様ではない まあ、先物には手を出さない 民主主義とは数の原理、数とは力、民主主義の限界は認めつつも、現代ではベスト 異論は少ない 


だが、この伝で行けば「ペンは文化の鋤」でもなんでもなく、ベストセラーの書き手が一国の文化を支配していることになる 小生の『「バカの壁」に異議あり』(文藝書房)は、発行と同時に流通を妨害されている 最後の禅僧といわれた沢木興道は、「数の多いのがいいのならバイキン(ウイルス)の数がいちばん多い」と云った 日本をウイルスの国にしないのは、ペンに関わる者たち


 


「秀才信仰」と「肩書き」主義 ――認めたくない情報にこそ価値がある


壊滅的な敗北といわれるノモンハン事件は、ソ連軍の新兵器BT型戦車に蹂躙された戦闘である 戦車隊員として参加した司馬遼太郎氏によると、日本戦車からの砲弾は相手に届かず、敵戦車のはるか手前に炭団(たどん)のようにポトッと落ちた 敵戦車の砲弾は、生鉄の日本戦車を、遠距離からクズ鉄にした 


この新型戦車の情報は、事前に日本軍に入っていたのだが、無視された 理由は、この情報をもたらしたのは陸大をビリに近い成績で卒業した奴というので、「ビリが持ってきた情報が賢いはずがない」 つくづくと思う 日本人は戦争向きにはできていない 侵略戦争をした? 買いかぶり そんな力はない

 歩兵として参戦した先輩から聞いたが、「敵戦車の死角から接近して爆薬をキャタピラの下へ敷け」が命令 蛸つぼ穴を掘って身を隠し、重箱型の爆薬を抱えて待ちうけた 敵戦車接近、死角から飛び出してゆくと、方向制御式の銃座がクルリと回って機銃でバリバリと撃ってきた 「敵さんの戦車には死角などありはしなかったよ」 「学問」も「情報」も無用 「学歴」と、「つくられた情報」、「売れ筋」の本だけを相手の仲良しゴッコ 企業も国も、亡びる ▲▲

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。